親のいうことは聞くもの?

こんばんは。

 

子どもに怒りすぎてしまう、、、という
悩みはコロナ下では深刻化していますが、

だれだって
怒鳴ろうと思って怒鳴ったりは
していないと思います。

 

 

できることなら
怒鳴ったりせずに
自分が思うような子育てをしていきたい。

 

子どもといられる限られた時間、
なるべく笑って、たくさんの
いい時間を過ごしたい。

それが
本当の心の願いではないでしょうか。

 

怒りすぎてしまうのをやめるには、
まずそのイライラの原因を
潜在意識からお掃除する
必要があります。

 

例えば、
お子さんが言うことを聞かない・・
とプンプンイライラしてしまう場合、

ご自分の幼少期に、

「お父さん、お母さんの
言うことを聞かない怒られる」

「親の言うことは聞かないと
大変なことになる」

「親の言う通りにしていた方がまし」

などという経験を
されていると思います。

 

自分では覚えていなくても
体が覚えている場合があります。

 

出来事の
インパクトと頻度によって

体はいいことも悪いことも
選ぶことなく全て
覚えて言ってしまいます。

 

インパクトは、
その出来事の印象の強さ、

 

頻度は、
回数です。

 

 

大好きなおかあさんが
とても怖い顔で怒っていた。
(インパクト)

毎日、毎日、怒られた。

(頻度)

 

このような出来事は、
インパクトも頻度も大きいので

もう二度と同じ思いをしたくない
という自己防衛本能で学習し、
潜在意識に

「お母さんを怒らせてはいけない

「お母さんの言うことを聞かなければ」

 

という思いが無意識に刻まれます。

 

これが、

気づいたらいつも
怒りすぎるほど怒ってしまう、

 

子どもといると
イライラしてしまう・・・

という

どうにもならない感情の正体です。

 

わたしはこの
潜在意識から整えて、
自分も子どもも幸せな子育てが
できるようになる方法を
知っています。

ご興味のある方は、
こちらからメルマガに
ご登録くださいね^^

子どもを怒鳴らずに伸ばせるお母さんになれる1分メールレッスン
https://form.os7.biz/f/f94d74e7/

 


コメントを残す