コロナでの親子イライラ。幼いほど深刻です。

こんばんは。永井温子です。

子どもは大人が思う以上に
順応性が高いものですが、

国立のある研究所が
4月の終わりから5月にかけて

子どもと保護者を対象に
約9000人規模の調査を行った
結果では、

どの年代の子どもも
3割〜4割の子どもが

「すぐにイライラする」と答え、

自分の身体を傷つけたり、
家族やペットに暴力を
ふるったりすることがあると
答えた子どもも、

通常の状況時と比べて
1.6倍〜5.3倍に増えていました。

特に低学年の子どもに
この傾向が強く出ていました。

保護者側でも
子どもを感情的に怒鳴ったり
叩いたりすることが増えたと
答えた保護者が

高校生では10%、
年少〜年長の保護者では45%いて、

子どもが幼くなるほど
この傾向が高かったそうです。

感情的に怒鳴ったりしてしまう
保護者の割合としては
増えてはいないものの、

その頻度や強度が
強くなってしまうことが、

コロナの影響下で
行動自粛や不安がある中では
見られる、ということが
この調査であきらかに
なりました。

子どもを怒鳴ってしまう原因は
外部環境ももちろん
影響しますが、

一番はやはりお母さんの
心の中になにがあるか?です。

自分ではもう気にも
止めていないような
過去の出来事で受けた傷が、

外からの刺激によって
怒りとして出やすくなって
しまうことは、

脳の仕組みを考えても
仕方のないことではあります。

けれども、
ちょうど7歳ぐらいまでに
経験することが

子どもの潜在意識には
どんどん入っていくものなので、

なるべくイライラせずに
過ごせるように、

心から整える方法を
身に着けようと動くお母さんが
一人でも増えてくれるように
心から願っています。

本当は優しくしたい、
いつだって笑って
でーんと構えていられる
お母さんでいたい

と思いながら

そうなれないのは
とっても辛いことです。

私も経験してきたので
わかります。

けれどそれ、
原因から手放せるものなので、

けして諦めないで
くださいね^^

コロナの状況は
まだまだ続きそうですが

ともにがんばりましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す