元やさぐれ中学生だった私。

おはようございます!永井温子です。


毎日のように、
「自分も人の役に立てる
   シゴトが
したい!」
という方から

お問い合わせや
個別相談のお申し込みを
いただいています。

今日も、人の役に立ちたい!という
譲れない軸をもった方との
オンラインセッションが
あるので、とても楽しみです。

linecamera_shareimage 276.jpg

私が「人の役に立ちたい!」と
思うようになった原体験は
中学生に遡ります。

私は中1のときに引っ越しをして、
当時、荒れていることで知られていた
中学校から別の中学校に転校
したのですが、

転入した中学校は
福祉に力を入れていて、
校舎内には、階段以外にも
スロープがあるバリアフリー、

ボランティアも活発で
障害者福祉施設や高齢者施設に
数日間通うような
プログラムに
参加することができました。

スクリーンショット 2020-07-11 7.03.55.png

もとの中学校が不良ばかりで
私の心も実は荒みかけていましたが、

中学生の私でも
人の役に立てることがあるんだ!

自分の可能性に気がつけた

人生の転換期になりました。

大学4年間は、
学校の近くにあった
児童養護施設のボランティアに
通い続け、

長期休みには
バイト代をつぎ込んで
海外ボランティアツアーや
スタディツアーに参加し、

アジア、南米、東ヨーロッパなど
途上国や紛争地域での活動に
やりがいを感じていました。

スクリーンショット 2020-07-11 7.07.47.png

知らない世界で、
自分の持っているもので
人の役に立てる。

その面白さを感じて、
私は国際NGOで働くことを
目指すようになります。

そしてその夢は叶えることができ、
無事に国際NGOの職員に
なることができたのですが・・・

そこで直面した現実が
また私の考えを変え、
進化させることに
なりました♪

続きはまた夜のブログで
書きますね!


=================
無料電子書籍!期間限定プレゼント

▼ダウンロードはこちらから▼
https://waratteirareru.com/download2006/?blog

安心どこにいても表紙.png


コメントを残す