お金がないのが辛かった理由。

 

こんばんは!永井温子です。

今は、月商365万円を作れるように
なった私にも、そうでなかった頃が
もちろんあります。

今夜は、人の役に立ちたいっ!という
思いはあったけれど
お金と時間のなかった
どん底の頃の話をしますね^^

私は大学で世界の貧困問題を
研究していたのもあって、
企業の「利益の追求」に共感できず、
国際協力NGOで働くことを
志望していました。

運にも助けられて、
その夢が叶い、国際協力NGOの
スタッフになることができました。

ですがそこで直面したのは
絶対的なお金のなさ。

生活や紛争で、今この瞬間にも
命の危険にも晒されている人が
世界には無数にいるというのに、

活動資金がなければ
何もすることができませんでした。

スクリーンショット 2020-07-11 22.10.06.png

お金より大切なものがあると
よく言われますが、
お金で救える命も、
実はたくさんあるんです。

私の仕事は
現場での活動のほか、
ファンドレイジングといって
寄付を集める仕事も含まれていましたが、
思うようには寄付は集まらない。

気持ちはあっても
結果が伴わない現実に
悶々としながら
トライ&エラーを
繰り返す日々でした。

私がお金持ちだったら、
医療キャンプもできるし、
学校も建てられるし、
食料も配ることができるのに。。。

そう思いながらも
それが叶わないことは
誰よりも一番知っていました。

そんな私が
どうして働き方を変えたのか。

明日はそのきかっけとなったことを
お伝えしますね!


=================
無料電子書籍!期間限定プレゼント

▼ダウンロードはこちらから▼
https://waratteirareru.com/download2006/?blog

安心どこにいても表紙.png


コメントを残す