親の呪縛で自分の幸せがわからない。

こんばんは!永井です。

仕事と育児の両立のために
実家を頼らざるを得ない。。。と
判断した私は、

長男が1歳から
両親と一緒に住むように
なりました。

今から・・・10年前のこと!

いや〜時の経つのは
早いものです^^;

 

私の職場までの通勤時間は
それまでと変わらず片道2時間。

子どもの急な発熱や病気のときに
実家を頼れるようにと一緒に
住みはじめたのですが

前回、

母親は私の鬼門

と書いた通り、

わたしの親子関係は
そんなにシンプルでは
なかったんです。

 

自分が親になってから
母親への感謝も芽生えていたし、
もう大人だし、

大丈夫だろうと思っていたんですね。

ですが、
親に反発していたときの心が
じわじわ出てくるようになりました。

実は私が
ハードワーカーになったのは
働きものの父に憧れたから
という理由だけではなくて、

母親から離れて自立したい
という思いがあったからでした。

私の母は
いわゆる過干渉

母親の知らないところで
何かを決めたり
やったりするとすごく
不機嫌になるし、

 

言ったとしても
自分の考えと違って反対されたり
それでも私がやりたいというと
「勝手にしなさい」と怒られ、

 

 

どうすれば自分にOKがでるのか
わからない状態で子ども時代から
過ごしていました。


その理不尽さに気づいて
反発するようになったのが
中学生の頃でしたが、

だんだん、
どうせ相手は謝らないし、
嫌な思いをするくらいなら
わたしが折れた方がいいや、、、と
本心を見せずに仮面を被るように
なりました。

スクリーンショット 2020-05-18 17.38.49.png


同居してからは
子育てで頼っているし、

私の帰りが遅いときは
ごはんも作ってくれているし、

お迎え行ってもらっているし、

・・・と私は

さらに自分の感情を
殺すようになり、

その反動
一番弱い子ども達に向く

最悪の状態
なっていきました。

私が感情のコントロールが
どんどんできなくなってやっと、

私が抱えている問題は
私の心にあるんじゃないか
と思うようになり、

認められたいから
がんばりすぎて
ストレスを溜めてしまう、

親に怒られたくないから
先回りして子どもにきつく
当たってしまう、

 

自分がしていることが
親の理想と違うという理由で
自分にOKが出せずに苦しくなる

 

こういった自分を
なんとかしなきゃいけない
ということはわかりました。

 

私はずっと、

母親に人生のハンドルを
握られてしまっている状態で、

いつだって

「あの人がどう思うかな。
 こっちなら気に入るだろうけど

 こっちだとまた何か
 言われるだろうな。」と

気にしてしまう自分で
生きてきていたことに
気がついたんです。

状況を改善するために、
引っ越しを決断しました。

一緒に住まなくなれば
干渉も減る。


そうすればきっと
私のイライラも減って
心穏やかなお母さんに
戻れるはずだ・・・と。

 


親には、

もっと自然豊かなところで
育てたい

とだけ伝えて

 

今の里山の中の
のどかな一軒家に
引っ越しました。

スクリーンショット 2020-05-08 19.23.24.png

 

ところが・・・
私のイライラは治まるどころか
ヒートアップ。

人の目がなくなり、

ご近所の目も遠ざかったことで、
私の家は密室同然

以前にも増して
叫んだり、
怒鳴ったりするように
なってしまったのです・・・。

仕事を休んでも
子育てを学んでも、
怒りのコントロールを学んでも
状況は悪化するばかり。

ここでようやく、

環境を変えても、
子育ての知識を増やしても
心の問題は解決できない
ことに気づき、

「これをやったら怒られる」

 

「がんばらないと
 認められない」

 

「人様にはずかしいことは
 絶対にしてはいけない」

 

こう言った自分の思考の癖を
取らなければ、

今の現状は変えられないんだ!

 

と理解して、

 

自分で自分の過去からの感情を
お掃除し、手放していける

シンプルパフォーマンス・セラピーと

出会ったのでした。

 

スクリーンショット 2020-05-18 17.46.55.png

 

 

だから、

今でこそ
女性が自立して
自分の幸せを自分で作ろう!
夢を叶える背中を魅せよう!と
言っていますが、

わたしは
その真逆にいたんです^^;

そんな私が
シンプルパフォーマンス・セラピーを
やっていくうちに
心の思い込みが取れて

どうやって自分の心を解放し
豊かさを作れるように
なっていったのか?

続きはまた次回、
お伝えしますね!

 

 

◾関連記事 ◾
1日12時間、好きで働いていた20代
https://www.agentmail.jp/archive/mail/1655/5469/346497/

24時間勤務になったワーママ時代
https://www.agentmail.jp/archive/mail/1655/5469/346546/

================
場所に縛られない働き方で
自分の時間も大切な人との時間も
充実できるライフスタイルを
手に入れたい!

という方に向けた電子書籍
ダウンロードこちらから
https://waratteirareru.com/download2003/?blog

スクリーンショット 2020-03-29 1.12.10.png


コメントを残す