初公開!私の過去

こんばんは!
今日はいつにも増して
赤裸々な永井です。

ちょうど2年前の3月。
私は過渡期にいました。

怒鳴りまくる毎日を抜けたくて
シンプルパフォーマンス・
セラピーを

とにかく毎日やってみよう!

藁をもすがる思いだった頃です。

当時のメモがありました。
2018年3月21日に書いたものです。

 
人に読んでもらうために
書いたものではないのですが、

今、過去の私と
同じような悩みをお持ちの方には
知っていただきたい生の声なので
事例として
載せさせていただきますね^^

(読みやすいように
 装飾と、ちょ〜っとだけ

 編集しました)

シンパフォをやり始める前の悩み

子どもになにか注意するときに
感情的になって怒鳴ってしまうこと

イライラすると言葉が
乱暴になってしまうこと。
怒鳴ったりするのを
やめたいのにやめられない自分を
自分で責めて自己嫌悪になる
 
 
スクリーンショット 2020-03-20 23.07.53.png
 
シンパフォを初めて2週間
ここまでの感想

 
自分が
変わってきているのを感じる。

思い込みの爆破をしようとすると
寝てしまうことがあって
困ったなと思っていたけれど、

眠ってしまわないで
できる方法
がわかった。

これから
もっと変われる予感。

 
 
ずっと蓋をしてきた過去と、
蓋をしてしまう癖。

これが自分にブレー
かけていることが
はっきりしてきた。

人からどう思われているかを
気にしてしまうのも、
もともとそういう人間だからだと
思っていたけれど、

そうではなくて
過去の経験からくる
思考の癖だとわかった。

納得。

取り除けるように
実践あるのみ!

 
 
兄妹ケンカをされるのが
嫌だった理由もわかった。

窓ガラスが割れるような
兄と姉の激しいケンカ

見てきたからだった。

 
怖かったし、泣き叫ぶ姉を
助けられなかった
後悔もあった。

思い出すたびに
自分を責めていた。

 
今はつらかった過去を
手放す方法も知っているし、

手放してよいことも
わかってよかった。
 

保育園の先生が

「子ども同士のケンカは、
凶器を持ち出さない限り、
思う存分やらせていい。

そのほうが情緒が安定するし、
力加減も学ぶことができる。

子どもの頃に思う存分
ケンカをしてこなかった子が
大人になってキレて
いきなり殺しちゃったりする。」
と話していて、
共感はしても、
 
これまでは兄弟ケンカが始まると、
反射的に怒鳴って
やめさせようとしていた。

そのたび、
本当はケンカさせなきゃ
いけないのに、、、と、

自分をメ親だと思っていた。

 

けれども、ケンカが怖かった
過去を爆破していると、
 
今は、
子どもたちがケンカを初めても
まるで台風の目のように
見守ることができる。

ケンカが終わったら、
いたいのいたいの飛んでけ~で
どこに飛ばそうかと
しませることを
考えることができるし、

 
ケンカすると疲れるから、
何か口に入れられるものでも
用意するか〜なんて思っている
自分が好きになっている。
 
 
 
ここ数日は、
ずっと悩みの種だった
Kの裏切りを知ってしまった。

ものすごくショック。
腹も立つし、悔しいし、悲しいし
許せない気持ちになる。

けれど、シンパフォがあるから
嫌な気持ちを手放せる。

もしシンパフォをやる前だったら
人間不信になって、
心を壊して、

泣いて暮らしていたかもしれない。
 
 
人生最悪の裏切りだったけど
引きずらない自分になれてて
本当によかった!
 
 
===========
 
赤裸々な記録は以上です^^
 
 
過去の私と同じように
悩んでいる方の参考になったら
嬉しいです!

「私も同じように

 変われるのかな、、、
 
 今の状態からは
 抜け出したいな・・・」

そう思った方は、

体験会でお話を
聞かせてくださいね^^


思い込みのチェックシートも
活用して、何がブレーキになっているか
明らかにしていきますよ!

ではまた明日!

 
 
 

コメントを残す