ヒス母育ちでも大丈夫!

こんばんは!永井です。

今日は学童に行きたくない
長男(小5)が家にいました。

夫がお迎えに出るとき、

長男に、

ご飯炊いといてね。

と頼んで行きました。



私はそのときすでに
おなかが空きはじめていたので

ちゃんと
やってほしいなぁ…

様子を伺っていましたが、

一向にやる様子がない。

私、
この世で一番怖いものは

空腹

だと思っているくらい

お腹が空くのがダメ。

フラッフラになって
なんにも考えられなくなるので

ご飯は絶対
炊いてほしい!!!

私にとっては
すごく切実です。

(ちなみに私は
 ごはんをやらない日。

 なので代わりにやる気はゼロ
 でした^^)

 

これがもし、
以前のネガティブ思考の
ままだったら、


私:「ごはん頼まれてたよね。
   やってね」


息子:「やらない」

 

私:「なんで。どうしてやらないの?」

息子:「え、やだから」

母:「やだ?やだってなに?

  人間、やなことも
  やらなきゃいけないことは
  あるんだよ

  ヤダで済むと思ったら
  大間違いだよ」

 

と、くどくど言って
分かり合うこともできず、
きっと最後にはケンカに
なっていたと思います。

 

特にこの最後の

「〜と思ったら
 大間違いだよ」

 

これ、わたしの
ヒステリックな母が
よく言っていた言葉なんです。

これを聞くたびに

「そんなこと思ってないのに
 決めつけれて嫌だ」

と思っては、

その言葉を飲み込んで
嵐がすぎるのを待っていました。

 

その言葉が
自分の口から出ることも
嫌でしたし、

こんなこと言わせないでよ〜
八つ当たりの気持ちにも
なっていました。

素直にやってくれれば
怒らなくて済むのに。。。と。

 

ですがこれは
私の勝手な思い込みでした。

 

怒るか怒らないかは、

相手の行動によって決まるのではなく、

自分の感情だからです。

思い込みは
自分では意識できない
潜在意識にありますが


潜在意識が
ネガティブ思考
いっぱい

になっていると

怒る理由が
次つぎに見つかってしまうので

イライラすることが
当たり前になってしまいます。

ですが、この
潜在意識にある

ネガティブ思考のあれこれは

手放していけるもの!

 

手放すスキルを身につけ、

母に言われてきた言葉も
手放し、

ネガティブ思考よりも
ポジティブ思考が当たり前に
なった私の脳に湧いた言葉は

 

「どうしたらできる?」

でした。

そして、

「あと5分休んだら」

とか

「10分遊んだあとなら」

とか何かない?

と聞くと、

 

 

長男、ポツリと

「・・・手伝って。」

か、かわいいでは
ないですか!

 

私は、

「じゃあお米計るのだけ

 やってあげる!」と

30秒でちゃちゃっと
お米を取り分けて、

あとは長男が一人で
できました^^

 

linecamera_shareimage 176.jpg


こんな日が、

シンプルパフォーマンス・セラピーに
出会うまでの6年間、

喉から手が出ているほどに、

逆立ちしてでも
手に入れたいほどに
望んでいたのに手に入らず、

こんなに怒って、
子どもにいい影響が
あるわけないと
自分をせめてばかりで

ほんっとうに辛かったです。

 

 

その辛かった日々と、
今の幸せがあるから、

私はこのセラピーを

伝えていくことを
自分の志命としています。

 

 

ヒステリックな母に
育てられて、

嫌なのに自分の子育てで
繰り返している・・・

という人には特に、

このセラピーで新しい自分に…

というか、

本来の自分に戻ってほしいです^^

 

怒らなくなれるだけじゃない、

自分を取り戻した明るい未来が
すぐそこに見えるように
なりますよ

 

 

子どもに見せたい背中は誰だって

怒って落ち込むお母さんの
背中よりも、

いきいきと子どもたちの
成長をでん!っと見守りつつ、

自分の成長も
楽しむお母さんの背中

ですよね^^

そんなお母さんで

いっぱいの世の中にしたい!

だから私もがんばります^^

 

読んでくれているあなたも、
がんばって!

やさしさ、ハート.png

ポジティブ体験会画像.png

止められないイライラに
困っているお母さん、

その困りごと、
めちゃくちゃわかりますし、
解決方法も知っています!

体験会でお話できるのを
楽しみにしています!

日程&お申し込みはこちらから
https://waratteirareru.com/campaign2001/


コメントを残す