親子バトルを避けたいお母さんが整えられる唯一のもの

こんにちは!永井です^^


多くのご家庭で一斉休校が
スタートしたことと思います。

 

我が子、特に長男は

気乗りしないことが
なかなかできないタイプ。

 

学校に行くはずだった日に、
学童に行くことになっても
切り替えが難しく、

「行きたくない」

を連発の週末でした。

 

こういうとき、

「そんなこと言ったって

 しょうがないでしょう?

 学童行ってくれないと困るよ。」

 

とイライラしても、

事態は悪化するばかり><

 

まずは、

環境の変化や子どもの感情は
お母さんがコントロールできる
範囲外だということを
知ってくださいね

 


お母さんが
自分で変えられるのは
自分の気持ちだけです。

 

 

環境の変化や
子どもがぶつけてくる感情に
振り回されてしまうのではなく、

自分を保てるようになると、

 

無駄に慌てたり、
お子さんとの不毛なバトルに
エネルギーを消耗することなく、

今、エネルギーを注ぐべきところに
力を使えます。

 

非常事態こそ
お母さんが笑顔でいることが
大事なので、

 

いつでも笑っていられるようになる
心のスキルを身につけて
ほしいです^^

 

一足先に体験を受けられ、
過去からの思い込みを手放して
穏やかでいられるようになった
Yさんをご紹介しますね!

 

お家で子どもに当たってしまう
お母さんも応用できるので
ぜひ参考にしてください。


Sさん 3児の母

イライラするのを手放す
方法を知ることが
できた

49674118_1947061908705306_2872940299020140544_n.jpg

▼▼▼

●お悩みは何でしたか?

イライラして子どもに
怒鳴ってしまう

他の子どもと比べて
我が子のできていないこと
ばかりが気になるし、

それができていないのは
自分の育て方が悪いからだと
自分を責める

常に考え事をしていて
子どもとしっかり
遊べなかったり、

なかなか寝付けず
起きても疲れている

いつも人と比べて
落ち込んだり、
周りの目が気になる

主人も育児はしているが、
言わないと動いてくれないので、
自分ばかり家事や育児をして
しんどいと感じる

いつも時間に
追われている気がする

自分の時間がないと感じる

 

●講座を受けて、どのような
変化がありましたか?

子どもにしてほしくないことは
怒鳴ってでもやめさせようと
していたが、

子どものしたい気持ちに
共感した上で違うことに
気を向けるように声かけが
できたり、

見守れる時間が
長くなったりした。

育休中なので、
家事や育児は自分がしなくては
いけないと思っていて、
しない主人にイライラ
していたが、

言ってもダメかな?と
思わずにお願いできる
ようになった。

 

自分が受けたい講座などに
時間やお金を使うことや、

子どもを預けることに
罪悪感があったが、

主人や母や義母に
お願いできるようになった。

 

イライラするのを
手放す方法を知ることが
できたので、

いつでもなんとかなるという
安心感がある。

 

スキル習得前は
何にイライラしているのかも
分からないくらい
イライラしてそれを
引きずっていたが、

イライラの原因を探ることが
できるようになったので
よかった。

 

●一番嬉しかったことは何ですか?

子どもと笑顔で過ごす時間が
増えたこと。

子どもが何が好きで
どんな遊びをしているのか
落ち着いて見られる余裕が
できたこと。

周りの顔色を伺って行動を
制限していたのが減ったこと。

 

 

●どんな方におすすめですか?

イライラや
怒鳴ってしまうことに
罪悪感を持っている方

それを解決しようと
本を読んだり
セミナーを受けたりしたが
変われずに悩んでいる方

笑顔で過ごしたい方

 

▲▲▲▲▲

Sさん、ご感想を
ありがとうございます!

 

Sさんのように、
知識があってわかっているのに
行動が変えられないと
悩んでこられた方でも、

シンプルパフォーマンス・
セラピーは、やれば変化する
スキルなので、

短期間で
自然と行動を変えることが
できます^^

 

今からなら
新学期には間に合います。

 

コロナより、
親子バトルの方が

未来に与える影響は大きいかも
しれないので、

是非今、現状を変えたいな
という方は
一歩踏み出してみてくださいね!

体験会でお待ちしています。

ポジティブ体験会画像.png

お申し込みはこちらから
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
https://waratteirareru.com/campaign2001/


AdobeStock_273256671.jpeg


コメントを残す