子どもに怒鳴る=脳の◯◯が低下しています。

こんばんは!永井です。

お母さんの怒りの悩みを
聞いていて多いのは

「子どもを産むまでは
 こんなに怒らなかった…」

「外ではこんなに人に
 怒りをぶつけることは
 ないのに…」

ということ。

これにはいくつか理由があります。

知らないうちに我慢をする癖が
ついていてもうすでに限界まで
がんばっている場合や

幼少期の経験が
影響している場合など、

過去の経験や思考の癖によって
怒りが抑えられないということも
少なくないです。

ですがもう1つ、
脳の特徴として

親密な相手にほど
怒りっぽくなってしまう

というのもあるんです!

脳.jpg

知らない人や
よその人と接しているときと

お家で気を許している人と
接しているときとでは

実は脳の覚醒度が違います。

外では脳はしっかり働いていて、
相手の気持ちを汲んだり、
イレギュラーなことにも
さっと対応したりと
能力を発揮してくれるものです。


いい緊張感があるとかえって
パフォーマンスが上がる
というのは聞いたことがあると
思いますがまさにその状態ですね^^

ところが親密な相手の前では
気が緩み、緊張感がない状態に
なります。

その状態の脳は、覚醒が低く
半分寝ているような状態。

そこに、ひっきりなしに
子どもからの要求が飛んできたり、
毎日同じことなのに
言わないとやらなかったりすると

脳が

「あぁもう対応できない!!」


と半パニック状態になり、
それが怒りとなって
放出されてしまうんです。

 

さらにこの怒りを経験すると
「子どもの要求には
 対応できない!」
という思い込みもできていくので、

だんだんに怒る脳
できあがってしまう
というわけです。

では子どもや旦那さんに
怒りまくるのはやめられないのか、
というとそうではありません。

脳の覚醒が下がっていたとしても
怒りの種となる過去の傷つきと
目の前の状況が繋がらなければ、
脳はわざわざ怒らないからです^^

ですからポイントは、
「怒りの種となる過去の傷つき」
お掃除すること。

 

それが習慣になれば

脳の覚醒が下がっている状態でも
いちいちケンカにならず、
リラックスして過ごすことが
できるようになります!

 

脳はいくつになっても
成長しますから、

今、怒る脳になっていたとしても
怒らない脳には変わっていけます^^

脳がリラックスしていると
成長も加速するので
シンプルパフォーマンス・セラピー
では現状の変化が早いんです。

怒ってイライラする時間を
減らたい方は

ぜひ体験会で脳がリラックス
している状態を体感してくださいね^^

明日は、怒りに潜むチャンスを
お伝えします!

お楽しみに^^

1月残席わずか★2月も先行受付中
お申し込みはこちらから

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
https://waratteirareru.com/campaign_vm/?blog

スクリーンショット 2019-10-05 1.17.17.png

 


コメントを残す