親が怒鳴ることのマイナスな影響を回避した結果(事例紹介)

こんばんは!永井です。

子どもを怒鳴ってしまった夜、
よく検索していたのが

「子ども 怒鳴る 影響」

良い影響があるわけがないことは
すでにわかっているのに

検索をしたりすることで、

私だってやめたいんだよ・・・

という自分の気持ちを
確かめて安心しようとしていたのかも
しれません。

 

私は、行動の90%以上を支配している
潜在意識から変えられる
シンプルパフォーマンス・セラピーに
出会えたことで、

6年悩んでいた怒鳴る悩みを
たった3週間で終わらせられました。

今年はオリンピックもあります。

子どもを怒鳴ることで
子どもを萎縮させてしまうより、
可能性を伸ばせる
コミュニケーションができるように
なりたい!と

思う方も多いと思いますし、

お母さんにとっても、
怒鳴ってしまうことに自己嫌悪を
している毎日を続けるよりも、

笑顔で、子どもの小さな成長や
感動のタネを見つけられる状態で

この2020年の
チャンスイヤーに、

親子でぐぐぐ〜っと
成長を楽しみたいですね!

今夜は一足早くスキルを習得された
Hさんの声をご紹介しますね!


*************

Hさん(主婦)40代 愛知県在住
6歳男の子のお母さん

linecamera_shareimage 151.jpg

 

体験会を
受ける前のお悩みは何でしたか?


子どもが発達障害と
診断されている事もあり、

つい子どもを強く叱ったり、
主人にも八つ当たり的に
怒ってしまう事がある。

でも、本当は子どもを信じ、
主人にも感謝できる自分になりたい。

体験会に参加して体感・体験
したことや「思い込みの
チェックシート」から知ることが
できたことは何ですか?


今まで考えていたことが
つながっていく感覚があり

体験会を受けて本当に良かったです。


今自分にとって必要なことって
こう言うことかなと
ぼんやりでも
見えてきました。


セッション後は周りの景色が
綺麗に見えて、
すっきりしている
感じもありました。

昔の話とかを聞いていただいて、
今まであまり子どもの頃のこととか
思い出すことなかったなと
思ったけれど、


子どもの頃の辛かったこととかが

残っていることに自分で気づけたのは
良かったです。

 

今までは変わることが
できなかったけれど、


このセラピーは変われるきっかけに
なると感じましたし、


続けていくことで
変わっていけるのかな、

わたしでもできそうかな
という気持ちになりました。

 

チェックシートをやってみて、
自分でも自分の内面に
気がついていた問題点が

よりはっきり目に見える形で
見せてもらえて、

人の目を気にしすぎだよねとか
感情的だよねというところが
わかってよかったです。

 

永井温子の印象を教えてください。

なんでも話せるし、
なんでも聞いてくると感じました。

 

この体験会は
どんな方にオススメですか?

・子育てが辛いなと感じている人

・変りたいけれど
 なかなか変われない人

・自己肯定感が低い人

===========

Hさん、体験会のご感想を
ありがとうごございました!

Hさんは体験会のあと、
シンプルパフォーマンス・セラピーの
スキルを習得することを
ご決断されすでに修了されました^^

スキルを習得してからは、
不安やイライラしても
シンパフォしたら大丈夫!
と思う安心感もあって、
ご自身の気持ちが安定し、

いろいろな悩みに対し、
解決策がひらめくようになった
そうです!

お母さんが落ち着いたら、
お子さんも学校での苦手な場面で、
先生もびっくりするような

頑張りが見られたり、

自分の気持ちを言葉で
表現できるようになったので、
周りの方のサポートも
受けやすくなったそうです^^


また、
自分の長所や強みも見えてきて、
ママ友とも
楽しく話せるようになり、

旦那さんとも、子どもの事を
よく話すになったそうです^^

お母さんとの関わりなどで
萎縮している脳も
その関わりが取れれば、
ふわっと元に戻ります。

だから、できなくなっていたことが
またできるようになったり
するんです。

Hさんご自身が体験会を
受けられる前に悩んでいたことが
解消し、

「こうなりたい!」と

描いていた毎日に
どんどん近づいているお話を
聞いたとき私も嬉しかったです^^

自分もそういう変化を
したいなぁというお母さん、

明日、1月最後の体験会の
最終募集をしますね^^


お話できるのを
たのしみにしています!

スクリーンショット 2019-10-05 1.17.17.png

https://waratteirareru.com/campaign_vm/

 


コメントを残す