ヒステリックな母の影から自由になれば尖ったナイフも丸くなる^^

こんばんは!永井です。


2020年が幕開けして
10日経ちましたね^^


年末年始、
私の弟が12月に入籍したので
珍しく一家全員、兄弟も全員
集まったのですが、

我が子が、

すごーく丸くなった

という話題になりました^^

特に長男の変化は、

「前は
 尖ったナイフみたいだったのに!」

と言われるほど。

「尖ったナイフ」といえば、
昭和の名曲!

ナーイフみたいに尖っては、
触るもの皆! 傷つけたぁ〜!

まさに息子は
尖ったナイフでした。

私自身、自分が怒鳴らなくなったことで
子どもたちも変化もたくさん
実感してきているのですが、

はたから見ても変わったか^^

と、とても嬉しかったです。

私は中学生くらいから、
母に反発心を抱くように
なっていましたが、

ぶつかるのも面倒で
自分が消耗するので

自分を押し殺し、
なんだかんだ言うことを聞く

というのが当たり前に
なっていました。

私はそんな自分と母との関係が
嫌だったので、

子どもたちの気持ちには寄り添って
理解する母親になろうと思って
いましたし、

頭ごなしに反対するとか、
ヒステリックにキレて
子どもに恐怖を与えるような母親には

絶対にならない

思っていました。

ところが、ところがです。

長男が2歳半すぎた頃から
思い通りにならない息子に
怒鳴ってしまうようになり、

もう怒鳴りたくない、、、と
思っているのにも関わらず、

使う言葉は悪くなっていき、

声は大きく荒くなっていき、

怒る頻度も増えていく、、、

 

と、悪い方へ、悪い方へと
転がり続けているような
感覚でした。

 

あるとき、
自分がいつも怒られるときに
言われていて嫌だった言葉が

自分の口から出たときに、
心が凍りつくようなゾーッとする
感覚がありました。


頭をかきむしってしまうほどに
自分が自分で嫌でした。

今、そこから抜け出せたのは

ヒステリックに怒っていた
私の記憶の中にいる母を、

シンプルパフォーマンス・セラピー
のスキルで手放していったから^^

子どもの脳は、
見たものをどんどん吸収して
学習をしていきますし、

傷ついた気持ちや
ネガティブな思いほど
心に残りやすいもの。

私の子育てが辛かったのは、

大人になり、母親にも
なっていてもなお

心だけは子どものときに
傷ついたまま
だったからでした。

 

今、子どもに怒鳴ってしまう原因が
過去の親子関係にあると聞くと、

過去には戻れないし、、、

と思うかもしれませんが、

満たされない思い、

抑圧された思い、

鬱憤・・・

など、
記憶の中のお母さんの影にある思いも
今からでも手放すことが
できるので安心してください^^


脳はいつまででも成長するので
やり方さえ合っていれば
過去に振り回される毎日は
終わりにできるんです^^

 

今、新年始まったばかりなのに
怒鳴ってばかり・・・と、
どんなに自己嫌悪していたとしても
大丈夫です!

原因から手放していけますから
安心してくださいね^^

今のままが
これ以上続くのは嫌。

子どもの将来が心配。

自分が変わることで
家族を幸せにしたい!

という方はぜひ、

体験会でお話を聞かせてくださいね。

 

ぴったりの方法をお伝えします^^

 

先着順でご予約をお取りしています。
下記のリンクから体験会に

お申し込みくださいね!


残3★1月の最新日程を更新しました!

スクリーンショット 2019-10-05 1.17.17.png

https://waratteirareru.com/campaign_vm/


コメントを残す