2019年、怒鳴る日の方が多かった方へ

こんばんは!永井です。

今年もあと2日ですね。

ある調査では、
子育て中の親、3分の2が
平均して週に5日、

子どもを怒鳴りつけるほど
強い怒りを感じているそうです。

振り返ってみて
いかがですか?

今年、子どもと笑って入られた日と
子どもを怒鳴ってしまった日と
どちらが多かったでしょうか?

私はこれまで250人以上の
お母さんとお話をしてきましたが、

子どもを怒鳴ってしまう…と
悩んでいるお母さんは、

誰も自分が「怒鳴ろう!」
と思って怒鳴っていません。

 

怒鳴りたくないのに、
気がつくと
いつも怒鳴ってしまう
自分のことが怖い…

という方もいらっしゃいますし、

 

そんな自分が嫌い…

という方も少なくないです。

 

怒鳴るのをやめたくて
情報をたくさん集めるのに
行動は変えられず、

怒鳴ることを繰り返すうちに

怒鳴るくせ自体も、
どんどん大きくなってしまいます。

なぜこのようなことが
起こるのかというと、

私たちの行動は、90%以上が
潜在意識で決まっているから!

潜在意識に、「怒鳴る当たり前」
作る過去のネガティブな感情や
ネガティブな感情放出の癖があると、


私たちがどんなに
「子どもとは笑って過ごしたい!」
と意識していても、

その意識(顕在意識)は
潜在意識がもつ圧倒的な力で
かき消され、

 

「笑っていたい」

というのと真逆の

「しかめつら」

「大声」

「乱暴な言葉」

などの行動が出てきてしまいます。

 

潜在意識には、過去の辛い体験や、
これまでに関わってきた人からの教え
がたくさん残っています。

今、笑顔で子育てをしたい!
思っていることに対して

必要のない、
邪魔になる思い込みも
たくさんあります。

幼少期に親に怒られたり
厳しくされることが多かった場合、

親に逆らってはいけない、

いい子でいないければいけない、

約束は守らなければならない、

何度も同じことを
注意されてはいけない、

などの思い込みを持っている
ことも多く、

我が子にも同じことを求めて
怒りが湧いてしまうものです。

しかしこれらのことは
実はどれも子どもにとっては
ハードルが高いもの。

自分が子どものときには
できなくて怒られて悲しい思いも
してきたことばかり。。。
 

皮肉のようですが
怒られて悲しかったからこそ、

我が子には同じ辛さを
味あわせまいと、

「悲しい思いをしないように」

「怒られないように」と、

逆に厳しく怒ってしまう、
という行動になってしまいます。

 

結果として
子どもの頃に自分がされて
嫌だったことを我が子にしてしまう…

これは辛いですよね。

しかし、こう考えてください^^

 

今、自分がされて嫌だったことを
繰り返すような子育てに
なってしまって辛いという
お母さんでも、

同じ辛さを我が子に
味あわせたくないという、

優しさが根底にあります。

その優しさがあるから、

本当は優しくしたいという思いと
裏腹な行動を引き起こしてしまう
過去からきている思い込みを
お掃除していけば、

誰でも怒鳴らない
お母さんになれるんです。

私はそう確信しています^^

AdobeStock_227401978.jpeg

 

シンプルパフォーマンス・セラピーは

イメージしていることと
現実とを区別することができない
潜在意識の特徴を生かした
とてもパワフルなセラピーです。


このセラピーによって
怒りを手放せて、育児が楽しくなる
だけじゃなく、

やりたいことが
できるようになったり

新しいことに挑戦したりと、
より幸せな未来に動き出す方も
たくさんいらっしゃいます^^

 

頭ではどうしたいかがわかっていても
行動が変えられないうちは
つらいですし、

いつまでも過去を
引きずりたくはないですよね。

体験会では、
どんな思い込みが今の現実を
作っているのかをチェックして、

思い込みを手放せるよう
お手伝いをいたします^^

思い込みが外れたスッキリ感を
ぜひ体感してくださいね!


12月の再追加枠は
再度満席になりましたが、

あと2枠つくりました。

12月30日 17:00〜

12月30日 21:00〜

年内に、今の毎日から
抜け出す手がかりを掴みたい方
ぜひお話しましょうね。

12月・1月無料体験会
メルマガ読者様優先

スクリーンショット 2019-10-05 1.17.17.png

お申し込みはこちらから
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
https://waratteirareru.com/campaign_vm/?merumaga


コメントを残す