【残5】私も頭ではわかっているのに言葉を止められなかった一人です

こんにちは!永井です。

3連休は子どもたちをつれて
あちこち遊びに行っています。

IMG_1689.JPG
(頂上に立っているのが長男^^)

子どもたちは興味の赴くまま
あっちへいったりこっちへいったり。
考えるより早く体が動いていますね。

実はこの、
考えるよりも
早く体が動く
というのは、
人間誰もがやっていること。


私たち大人も同じなんです。

 


何か行動をしょうとするとき、

意識がはたらいて私たちは

手を動かしたり口を動かしたり
言葉を発したり、表情を変えたり
しています。

 

この意識には、
自分で意識できてコントロールできる

「顕在意識」

 

自分では認識することもできない

「潜在意識」があります。

スクリーンショット 2019-07-28 0.31.35.png


この顕在意識と潜在意識

実際の行動は、
実は9割以上

潜在意識で決まっています。

例えば、

「子どもから
 目を離さないようにしよう」

 

にしようと思っていても、

 

目の前に興味をそそるお店があったり
知り合いに出会ったりすると、

自然と意識はそっちに向いて

あれ、我が子どこいった?

ということもよくありますよね^^

 

 

同じようなことが
子どもをつい怒ってしまうときにも
起きていて

育児の本で読んだ通りに、

男の子には論理的に・・・とか
女の子には気持ちを伝えて・・・とか
まずは小さなことを褒めてから・・・
など、

頭では理解してわかっていても、

「それはしないで。」


と思っていることを子どもがすると

とっさに顔は怖くなり、
声は低くなり、言葉も荒くなる
ということが起きてしまいます。

私もまさにそうで、
楽しく過ごしたいと思っているのに

ちょっと兄が弟を小突いたり
したときに、

「ちょっと今の何?」

とすぐにお説教モードに入ってしまったり、

何か食べ物を買ったときに
分けっこができないと、

「分けれないなら食べないで」

と食べたい気持ちが興ざめする
ことを言ってしまったり
していました。

 

 

言ってしまうストレス、
言われた方もストレス、
これがどっちも蓄積するから

関係はどんどん悪化して
しまっていたんです。

 

そういうことをやめたくて
子育ての知識を一生懸命増やしても
結局変われなかったわけですが、

それは
顕在意識から行動を
変えようと
していたからで、

 

行動を9割以上支配している
潜在意識が
何も変わっていなかったから

私は現状を変えることが
できなかったんです。

 

 

こんな私でも、
毎日短時間のセルフセラピーを覚えて

潜在意識を変えていくワークを
続けたことで

頭でわかっていることと
行動の不一致がなくなっていき、
ストレスも減っていくので
気持ちが楽になり、

子どもにストレスをかけることも
なくなりました^^

AdobeStock_223489825.jpeg

この変化は本当に大きくて
いままでの怒りの日々は
なんだったんだー!と
思うくらいです。

なので私はこれを
今怒りに困っているお母さんに
伝えたいのです^^

これ以上ストレスを溜めることも
子どもにストレスをかけることも
しなくてすむように
みんながなれたらいいな!と
思っています^^

残5名様
11月無料体験会
メルマガ読者様優先

スクリーンショット 2019-10-01 12.36.10.png
お申し込みはこちらから
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
https://waratteirareru.com/campaign1910/


コメントを残す