332人。「乗客に日本人はいませんでした」

こんばんは!永井です。

今日は3男の保育園の
運動会でした!

台風で折れてしまった
園庭の大木の枝が競技にも
使われていて、

よじ登ったり潜ったり
またがったり!

とても愉快で
感動的な運動会でした!

 

それでは、
深夜便となりましたが
今夜のブログ、
スタートです

  無題2.jpeg

さて、、、

332

なんの数字だと思いますか?

 

これは、昨年度
自殺した子どもの数です。

過去最多の数字だそうです。

私はニュースでこういう
数字を聞いたりすると、

いつも思い出す歌があります。

それは

イエローモンキーのJAM。

外国で飛行機がおちました、

ニュースキャスターは
嬉しそうに、

乗客に日本人は
いませんでした、

いませんでした、

いませんでした、

 

僕は何を思えばいいんだろう

僕は何て言えばいいんだろう

こんな夜は、

会いたくて、

会いたくて、

会いたくて、、、

 


この数字に、
自分の大切な人は
ふくまれていないかもしれない。

けれどもそれが
もし大切な我が子だったら。。。

 

そう思ったら、
絶対になんとかしたいと
思う数字だとおもうんです。

この332人のうち、
原因がわかっているのは
わずか4割だそうです。

その中で、
多い理由の2つが

家庭の問題と親の叱責。


これらの理由で
自ら命を絶った子どもが

70人以上もいるんです。


中には、
こんなに怒りたくないのに
なぜかいつも怒ってしまう

 

コントロールしたいわけじゃないのに
自分と考えの違うことをすると
許せない気持ちに
なってしまう、

 

という悩みを抱えながら
この事態になってしまった方も
少なくないと思っています。

 

自殺に追い込みたいなんて
絶対にこれっぽっちも思っていなくて

子どもを幸せにしたいだけなのに

真逆の行動をし続けてしまう。。。

私はそういうお母さんに

今の自分を作っているのは
過去から来ているということと
それを手放して、

自分を責めない、そして子供も
責めない育児ができるようになって
欲しいと

心底思っています。

 

 

正直私も、

やめたいやめたいと思いながら
朝に夜にと子どもを激しく
怒ってしまうことが多くて

最悪の未来を想像してしまうことも
少なくありませんでした。

その私も、
変わることができて
不安も手放すことができました。

私はこの70人という数字を
ゼロにしたい。

そういう未来を
あなたと一緒に
作っていきたいなと
思っています。

 

今が怒鳴っている毎日でも大丈夫。
必ず変われます。

体験会では、
これまでコミュニケーションを
変えたいと思っていても
変えられなかった理由も

お伝えしていますので
楽しみにしてくださったら
嬉しいです!


10月あと3名様で締め切ります。
11月の日程も掲載中

チェックしてみてくださいね!

スクリーンショット 2019-10-01 12.36.10.png

体験会のお申し込みはこちらから
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

https://waratteirareru.com/campaign1910/

 

 

 

 


コメントを残す