子どもに自信を持たせたい!なのに否定の言葉が止まらない><

おはようございます!永井です。

今日は3男の保育園の
運動会です!

長男も次男も
思い出いっぱいの保育園。

昨夜は思い出話に
花が咲きました。

特に盛り上がったのが
リレーのバトンの話!


毎年運動会のテーマにそって
リレーのバトンが違うのですが、

歴代を思い出してみると


ごぼう、ほうき、ざりがに、

みみず、かに、、、

 

いろんなものがありました^^

今年も楽しみです!

 


それでは今日も、
心を込めてメルマガを
お届けいたします。

  無題2.jpeg

 

子どもに、否定の言葉を
浴びせ続けるのはやめたい
なのにやめられない・・・

ってこと、ないですか?

 

特に運動会のような行事では
結果より過程をみて

「よくがんばったね!」

「かっこよかったね!」

と言ってあげたい・・・

なのに、

子どもが選抜リレーなどに
選ばれなくて自分が
悔しくてもやもやしたり、

走り姿や振る舞い、
順位などをほかの子と比べて

どうしてうちの子は・・・

とネガティブに思ってしまったり。

 

 

「よくがんばったね」

「かっこよかったよ」

 

その言葉が出る前に

 

「本気出したの?」

「ちゃんと練習したの?」

「先生の言うこと聞いてた?」

「集中してなかったんじゃない?」

「気持ちが負けてる」

 

そんなダメ出しをしてしまって、

 

あぁ、、、口が勝手に

言ってしまった・・・・・

 

と後悔すること、
ありますよね。。。

私は過去に、
なんどもやっています。

 

 

なぜこのような
否定的なコミュニケーションは
やめたほうがいいのか。

それは、

子どもが自信をなくしたり、

お母さんに愛されてない、
受け入れてもらえないと
感じさせてしまったり、

その影響から、
母子の間の距離が開いてしまって
不安になった子どもは
問題行動をするようになったりして

さらに関係が悪化してしまう
ということも
起こりかねないからです。

 

また、なぜお母さんは
このような否定的なことを
言ってしまうのを
やめたいと思ってもなかなか
やめられないのかというと、

実はお母さん自身が、

自分に自信がなかったり、

愛されてきた、認められてきた
受け入れられてきたという
実感に乏しかったり、

過去にきつく怒られたりしてきた
ことが影響しています。

 

お母さんになったらみんな
子どもには

自分みたいじゃなく、
自信を持ってほしいし、

愛情を注がれる人になってほしい。

と思うもの。

そうならばお母さんが

あなたはあなたのままでいいよ、

困ったときは助けるよ、

大好きだよ、愛してるよ

ということを
態度でも言葉でも
示し続けてあげれば
それ以上のことはないのですが、

子どもを目の前にすると
自分を重ねてみてしまうので、

そのままでは
自信がもてないよ、

愛されないよ、
認めてもらえないよ、
怒られるよ、

 

という警報が心のなかで
作動してしまって、

そうならないように
してあげなくっちゃ!


というスイッチが無意識に入り、

なんであなたは
これができないの?

あれができないの?

もっと努力しないの?

真剣にならないの?

 

 

という子どもに対する
ダメ出し地獄になってしまうんです。

 

この状態は、

お母さん自身の、
自己肯定感の低さや、

愛情不足感や、

過去に怒られたことからできた
思い込みを外せば、

誰だって抜けることができます^^

子どもに怒ってしまうとき、
根底にあるのは恐れなんです。

その恐れを手放せば、

おんぎゃあと生まれてきた我が子が
ただただ愛おしい♡

なんてがんばって
生きているんだろう♡

いてくれてありがとう♡

生まれてきてくれて
ありがとう♡

いつだってそんな気持ちで
子どもたちのことを
みれるようになります。

そうなれたら、これからの子育て、
どんなふうになると
思いますか?

 

子どもたちはどんな風に
育っていけると思いますか?



スクリーンショット 2019-09-16 0.00.20.png

その未来は、
自分の心次第で、
手に入るものですよ!


では運動会、
楽しんできます!



10月の残りの体験会では、
私がコミュニケーションを
変えられたら、

我が子がどんなふうに変わったのか
それをたっぷり
お伝えしたいなと思っています!

どうせ俺なんか、、、、

と言っていた長男が今では!

ぜひご自身のお子さんにも
起こる変化だと思って
参考にしてくださいね!

スクリーンショット 2019-10-01 12.36.10.png

体験会のお申し込みはこちらから
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

https://waratteirareru.com/campaign1910/

 

 

 

 


コメントを残す