実りの秋に怒鳴るのをやめたい3つの理由、その1

こんばんは!永井です。

普段のお休みは、
ず~っと一緒にいるということは
あまりなくて、

それぞれの時間を
過ごすことが多いのですが、

今回は台風もあったり
その後の片付けもあったりで、
1日一緒にいました。

その中で改めて実感したのは
兄弟喧嘩がすごく減ったということ。

スクリーンショット 2019-10-13 21.40.39.png

男3人で、上二人のバトルが激しく、

男兄弟の喧嘩は
愛情不足と聞いていたので、

ケンカが起こるとそれが
嫌だというだけでなく、
自分も責められている気が
していました。

 

それが、私自身がケンカに
拒否反応をしなくなり、

見守れるようになり、

言い分も聞けるようになり、

放っても置けるようになり、

そして数も減りました。

 

今小5と小2で、
相手を足の裏で蹴り飛ばしたり、
踏みつけるような激しいケンカを
していた2人なので、
本当に落ち着きました。

 

私が負のオーラを
出し過ぎていたんだろうなと
今は思います。

 

 無題2.jpeg


さて今夜は、実りの秋に
怒鳴るのを辞めたい理由を
お伝えします。

まず1つ言えるのは、
秋は1年で1番の活動期だから!

 

秋といえば、
実りの秋、読書の秋、
スポーツの秋

(ちょうどラグビーもやってますね^^)

いろいろな表現をされる季節ですが、
子どもに関していうなら、

成長の秋」です!

 

学校でも2学期は
1年の中で一番長い学期で、

1学期から夏休みにかけて
作ってきた土壌に秋は花が咲き、
実る時期と言われています。

 

スクリーンショット 2019-10-13 21.44.04.png

秋は1年の中で1番の活動期なので、
年間を通しても
もっとも大きな成長が
できる季節なんです。

 

学校でも地域でも、行事もたくさん
予定されていますよね。

 

運動会や音楽会、
校外学習や修学旅行などもあります。

このような行事を通して
多種多様な体験をすることで、
子どもたちには心身共に
グッと成長するチャンスがあります。

 

なので理想をいうなら、

そんな秋こそ子どもが
のびのびと成長できるように、

ストレスフリーな状態で
過ごさせてあげたいもの。

 

 

子どもを怒鳴っていると、
子どもの脳にはストレスが
かかってしまうので、

せっかくの
秋に成長するきっかけを
生かせないことにも
なりかねません。

 

子どもも自分で

「これをがんばろう」と

思っているところに、

 

「あの子は◯◯なのにあなたは?」
と比較されたり、

日常の些細なことで
ガミガミ怒られてばかりだったら、
どうでしょうか。

もし自分だったら、
やっぱり嫌な気分になって、
言うことを聞きたくなくなって
しまいますよね。

 

なのでこの秋を
成長の秋にしていきたい
お母さんには、

怒鳴ることから卒業できる方法を
見つけてほしいと思います!

 

 

その1つとして、
体験会もご利用くださいね!

 

それではまた明日!

 

体験会の最新日程は下のリンクから
ご確認ください!

スクリーンショット 2019-10-01 12.36.10.png

お申し込みはこちらから
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

https://waratteirareru.com/campaign1910/?blog


コメントを残す