子どもに安心を作れない母だった私が捨てたもの

こんばんは!永井です。

台風の不安が募りますね。

「思い込みの爆破」
で不安な気持ちや
ネガティブな気持ちを
手放して、

冷静に適切な行動ができる
状態になっていただきたいので
もう一度お伝えしますね。


頭の中で、蓋のある箱を
イメージします。


不安だな、大丈夫かな、
どうしよう、

そういうモヤモヤした気持ちを
胸から取り出して箱に入れ、
すぐに蓋をします。


蓋をしたら、

箱ごと一気に、
ダイナマイトでバーン!
爆破するイメージを
してみてくださいね!

爆破

 

頭の中でやるだけの
簡単シンプルなワークです。

外は荒れても心は穏やかで
冷静な判断ができる状態で
過ごされますよう願っています!

 

 無題2.jpeg

さて今夜は、

ほかの動物の子どもは、
生まれてすぐに立ったり
歩いたりして数年で
大人と同じになるのに、

人間の子どもだけが
未熟で生まれてくる理由から
お伝えしていきたいと
思います。

 

人間の子どもだけが
未熟で生まれてくる理由。

 

それは、お腹の中にいるよりも
刺激の多い外に出た方が
脳をいっぱい成長させることが
できるからなんです。

 

外の世界で受ける刺激を
受けて成長するために
未熟で生まれてくるんです。

 

その刺激が愛にあふれるもので
あればあるほど、

子どもはぐんぐんと成長します。

 

子どもは成長の過程で
母親に対して
腹を立てることはあっても、

お母さんが自分を見捨てずに
そこに居て可愛がってくれるから、

成長したさき、
安心して外の世界も
自分の力を発揮して
生きていけるようになります。

 

スクリーンショット 2019-10-12 19.34.58.png

 

ところが、
子どもに安心を与えられない
親もいます。

過去の私がそうでした。

 

子どものすることに腹を立てて、
感情をぶつけコントロール
しようとしてしまう。。。

 

「なんでそんな言い方するの!」と

子どものいうことに
感情的に反応してしまったり、

 

「何回言ったらわかるの!」とか

 

「もう外に出てなさい!」なんて

言ってしまうこともありました。

 

さらにそれに子どもが
動じなく
なってくると

「お母さんの言うことなんか
 どうでもいいでしょう。

 お母さんなんかいらないね。

 もう今日、帰ってこないから」

 

などと、本当は心にも
思ってもいないことを
口にしていました。

 

そうすると
子どもが反応を示すからです。

 

「もう帰ってこない」その言葉に
泣いたり叫んだりする子どもの姿に
我に帰り

 

「お母さん言いすぎた、
 ごめんね、大好きだよ。。。」

と抱きしめる。。。


私のしているこの対応って
絶対に良くない・・・

 

そう思いながら、
自分の行動を変えることが
できませんでした。

 

なぜ、思っていることと
違うことをしてしまうのか。

 

それは、私たちの行動は、
自分では意識できない潜在意識に
9割以上を占められているからです。

 

親の言うことを
聞いていた方が
いいと思って
成長してきていたり、

 

子どもがこのままでは
誰かにもっと怒られてしまう、

 

というような恐怖が潜在意識に
入っていると、

そっちの行動が優先されるので、
頭で意識して思っていることと
違う行動をしてしまうんです。

 

なので、
自分のイライラしてしまう気持ちや
行動を変えたいと思ったら、

 

無意識にある
恐れや不安や不満を
脱ぎすてることで、

子どもにいい影響を
与えられるお母さんに
なることができます^^

 

心が子どものままの母親ではなく、

これまで経験してきたことを糧に、
成長した心で子どもと
関われるお母さんになれるので、

子どもとの関係も
今までとはちがったものになります^^


AdobeStock_227401978.jpeg

 

私は自分がそう変われたからこそ、
このセラピーをお伝えしたいのです。

過去に経験したことから
できた思い込みを捨てることで、

子どもに安心・安全を与え、
のびのび育つ環境を作ることが
できるお母さんになりたい!

そう思う方は
体験会でお待ちしていますね!

スクリーンショット 2019-10-01 12.36.10.png

お申し込みはこちらから
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

https://waratteirareru.com/campaign1910/?blog


コメントを残す