毎日見る鏡に貼っていた「笑顔!」のメモを破り捨てた日から2年

こんばんは!永井です。

3泊4日の福岡への旅から
帰ってきました!

久しぶりに会う子どもたちの
可愛いこと!

空港で見つけた
絶品のいちごいりわらび餅
「博多あまび」が大好評で

子どもたち、特に
長男がぞっこんでした!

(あっという間に食べてしまって、
 写真を撮る間がなかったほど^^;)

linecamera_shareimage 81.jpg

たくさん怒っていた頃は、
全然笑顔も見れず、「おいし〜!」
なんて言葉も聞けず、
本当に悩んでいたので、

こんなひと時が
ものすごく幸せです♡

この幸せをあなたにも
味わって欲しくて、
10月も体験会を
10枠予定しています!

今2枠埋まっていて
あと8枠ありますので
こちらから予定を
見てみてくださいね!

日程・お申し込みはこちら
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

http://waratteirareru.com/campaign1908/?blog0927

それでは今日も、
心を込めてお届けします。

無題2.jpeg

今回の旅では、
私自身、自分の変化を
ひしひしと感じましたが、

2年前までは、
本当に変わりたい思いはあるのに
変われなくて苦しい思いを
ずっとしていました。

 

怒鳴ったりする子育てをやめたくて、
子育てについて情報を集め、

良い子育て悪い子育てについての
知識は増えるのに、
行動を変えることができず、
自分を責めてばかりいました。

 

子どもに一番必要なのは
「お母さんの笑顔の栄養です!」と
書いてあったし、

 

子育て支援センターの先生にも、

「お母さんだって、
 怒った顔の人と笑った顔の人、
 どっちが好き?

 どっちのいうこと
 聞きたいと思う?」と問われ、

 

それは笑顔の人に決まっている…

そうか、子どもたちに
言葉が届かないのは
私が笑っていないのが悪いんだ…と
落ち込みました。


どうしても怒りに負けてしまって
笑っていられる方法が
わからなかったからです。

 

 

なるべく笑顔でいられるように、
毎日見る鏡に「笑顔!」と書いた
メモを貼り、

鏡をみては作り笑いする、
なんてこともしていました。

 

習慣になるまでがんばろう…と
しばらく続けていましたが、

毎朝、毎晩のように
怒ってしまうのは変わらず、

ものすごく激しく
爆破してしまったあとに、

 

「こんなもの無意味!
 こんなことしてバカみたい!」

とピッと剥がして破り捨てました。

気持ちは、闇でしかなかったです。

 

当時、何をそんなに
怒っていたかというと、
きっかけは小さなことでした。

 

けれども
怒りを早く鎮めたいのに
鎮められない自分にも
腹がたっていたし、

 

子どもが「ごめんなさい」
と言わないことにも
余計に怒っていました。

 

そして何が怖かったかと言うと、
怒りをこらえようとして
握りしめた手に爪が刺さるほどの
力がこもっていたり、

ものに当たって
壊してしまったりすることが
本当に怖かったです。

 

この力が子どもに向いてしまったら
どうなってしまうんだろう。。。

 

もう十分言葉や態度で
子どもたちを傷つけていたのに、

さらにエスカレートしてしまうのではないかと怖くてたまりませんでした。

 

 

けれども、偶然読んでいた
メールマガジンで
シンプルパフォーマンス・セラピーの
ことを知り、

 

怒りを手放せる方法として
「思い込みの爆破」が
紹介されていました。


試してみると、確かに何かが違う。

子どもたちが素直に返事をしたり、
イライラした気持ちが
長引かないような気がしました。

 

これなら本当に
かわれるかもしれない・・・!と
藁をもつかむ思いで体験を受け、


子どもを可愛く思えない気持ちも
自分を責めてしまう気持ちも、
イライラする気持ちも、
その根本から手放せた人が
もうすでに何十人もいると知って、

希望の光を見た気がしました。

 

スキルを習得すると決めて
やってみたら、何年も悩んで
自分の力ではどうしようも
できなかったことが、

たった数週間で変わってきて、
習得から1年半以上が経った今も、
ずっと幸せが継続しています。

linecamera_shareimage 34.jpg


今は実りの秋。
結実のときです。

子どもと一緒に
笑顔で過ごせるようには
絶対になれます!!

 

次は私がそうなりたい!という方は、
ぜひ体験を受けてみてくださいね!

 

イライラする気持ちや
その原因となる感情を手放せる
「思い込みの爆破」を、

たっぷり体験していただきますね!

体験会でお話できるのを
楽しみにしています!

 

お申し込みはこちら
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

http://waratteirareru.com/campaign1908/?blog0927

 


コメントを残す