小3息子の身体にストレスサインがでた2年前の夏

おはようございます!永井です。

昨日は朝から、
週末の運動会に向けて
長男と親子競技の二人三脚の
練習をしました!

linecamera_shareimage 65.jpg

以前は、この子と毎晩のように
怒鳴り合いのにらみ合いに
なっていて、普通の会話が
成り立たず、

きっとこのまま反抗期になり、
離れていってしまうんだろう…

なんて思っていたので、
こんな時間がとてつもなく幸せです。

 

二人三脚、ぜったい1位で
笑顔でテープをきりますよ〜!

 

それでは

本日も、心を込めて
ブログをお届けいたします。


  無題2.jpeg

 

私がこの長男を最初に怒鳴って
自己嫌悪になったのは、
まだ3歳にならなかった頃。

その時に怒鳴った罪悪感を
ずーっと引きずり、
怒りがエスカレートするのを
感じながらもやめれることができず

怒りの頻度も強度も
強くなっている。

いい加減言いすぎだ…と思いながら
やめられない。

一番ひどかったのが2年前の
この子が小3のときです。

3人目の育休中で、
仕事に時間を縛られることは
なかったものの、

 

宿題や歯磨きやお風呂など、
毎日の生活習慣のことを
いつも子どもに注意して
イライラしていました。

 

 

自分のことは自分でしてよ!

言われなくてもやってよね!

そういうことを
しょっちゅう言っていましたし


それでもすぐには
やらないので

毎晩、ひどい喧嘩になって、

私も怒りに支配されて
子どもが泣くか謝るかするまでは
暴言を止めることができない状態。

 

眠った後に、
今日も怒りすぎてごめん、
寝顔に謝る日々でした。

 

スクリーンショット 2019-09-05 0.00.59.png

 

小3の夏休みのある日、
息子と車に乗っていて
つけっぱなしになっていた
NHKラジオを聞いていたら、

専門家の方が番組にきていて、

いじめか不登校かの話で、
強いストレスを感じている
子どものサインの一つに、

のどの詰まりを訴えるものがある、
その病名はなになに、と
紹介されていました。

それを聞いていた息子が
ぽつりと言いいました。

「お母さん、
 僕これになるときあるよ。

 のどに何か詰まったみたいになる。

 お母さんに怒られるとき。」


そう告白され、
私は、地の底に落とされたような
気持ちになりました。

 

なんてことを
してきてしまっているんだろうと。

実はそれまでも、
私は怒鳴る子育てでいいと
思ったことはなく、
変わる努力はしていました。

感情的になってしまうのを
やめたくて、

毎晩ネットや本に答えを求め、

「6秒我慢」とか

「その場を離れる」とか、

そういった方法を試したり、

 

笑顔を意識するために
家の中に鏡を増やしたり、

自分と自分の親との関係を
分析してみたり、

いろんなことをしていました。

それでも怒りが沸くのを
抑えられないし、

 

爆発すると止められなく
なってしまう。

 

結局6年間も変われないまま、
悪くなる一方だったので、
私もなにかの病気なんじゃないかと
思ったくらいでした。

変われないことに落ち込んで、

こんなお母さんダメだね、

ほかにもっといいお母さん探して、

お母さんじゃ無理だよ、

そんなことを言って、
子どもを泣かせてしまうことも
ありました。

それが子どもをますます
追い詰めてしまっていました。

スクリーンショット 2019-08-16 22.39.09.png

 

それでもただひとつだけ私が自分を
褒めたいなと思ったのは、

なんとか変わりたい・・・!と
もがき続けたことです。

その結果、
私はシンプルパフォーマンス・
セラピーにたどりつくことができ、

怒りが止まらない私の中で、
何が起こっていたのかがわかり、

過去の経験からできていた
思い込みを手放せるように
なったことで、

怒鳴り続ける毎日を
終わらせることができたのです。

IMG_5800.JPG


この経験があるからこそ、
過去の私と同じように
子どもを怒りすぎていると
感じている方に、

なるべく近道で、短期間確実
変われる方法をお伝えしたい!

その思いで、このセラピーを
伝えることを志事にしています。

私の息子みたいに、
のどが詰まってしまうほど
怒られることを
必死に耐えようとしている
子どもを救いたいとも
思いますし、

そんなことしたいわけじゃないのに
自分を止められないことに悩み、
自分を責め、自己嫌悪になっている
お母さんを誰よりも救いたい!

子どものために変わろうするならば、
今どんなに怒鳴ってしまっていても
必ず変われます。

子どもをこんなにも
追い込んでいた私だって
変われましたし、

そこまでストレスを溜めていた
長男も、


「お母さん、

前はすーんごい怒ってたよね…
怖かったよね。」

と聞いても、

「そうだっけ?
 あんま覚えてない。」

今ではケラケラ
笑顔を見せてくれる毎日です。

linecamera_shareimage 34.jpg

どんなに
怒鳴ることが当たり前になって
しまっている毎日からでも、

怒鳴らないこと、

子どもにとっては
怒鳴られないことを
当たり前にしていけるセラピーです。

他の方法では、
私はもって3日でした。

新しい方法を
やり始めたその日の夜には
もうまた怒っているということも
多くありましたが、

このセラピーは大丈夫です。

 

その理由もちゃんと説明できますので

今度こそ変りたい!!という
お母さんは、

ぜひ個別体験会で
お話ししましょう!

現在の募集では、
10枠ご用意して
あと7枠となりました。

お申し込みを、
お待ちしておりますね!


スクリーンショット 2019-08-06 18.49.48.png

お申し込みはこちらから
https://waratteirareru.com/campaign1908/

 

 


コメントを残す