子どもも夏のストレスを溜めている

こんばんは!永井です。

子どもが新学期の今日、
私はシンプルパフォーマンス・
セラピーチームの
特別トレーンングに参加して、
湘南江の島へ行ってきました!

68870048_2346796658738222_8965732195901636608_n.jpg


波の音を聞きながらの
ディスカッションを通して、

子どもを怒鳴ってしまうことに
悩んでいるお母さんに、
怒鳴らなくなれる方法を
どうお伝えするか、

新しい方法を
見つけることができました。

過去に怒鳴ってしまうことを
やめられず、子どもにも
随分辛い思いをさせてきたので、

それが解消できた方法を、
1人でも多くのお母さんにお伝えし、

子育てを楽しめるお母さんを増やし、
怒鳴られる子どももいなくしたい!

その夢にむかっての
楽しくも有意義な時間でした。

69702276_481615989102519_2952256546702098432_n.jpg

今週、夏休みが終わっていよいよ
新学期がスタート!というお家も
少なくないと思います。

夏休みは宿題をやらせなきゃという
プレッシャーもあって

お母さんもイライラしてしまうことが
多ったですよね。

まずは、

夏休みお疲れ様でした!

 

一方、子どもたちもに
よくがんばったね!です。

子どもの時間は
大人の6倍の密度があるという説が
あるのですが、

例えば10日間怒られたとすると、
大人にしたら60日間
怒られ続けたのと一緒!

それだけ怒られると思うと、
大人もうんざりですよね。

現在配布している電子書籍でも
書いていますが、

怒られすぎていると、
物事の判断基準が
怒られるかどうかになってしまい、
怒られないために嘘をつくことが
平気になってしまうことがあります。

我が子も、怒られていた時代は、
本人は嘘をついている自覚は
なかったかもしれませんが

話したことを本人が
覚えていないこともあり、
それがさらに私のストレスに
なることもありました。

 

 

また、怒って育てることの
学力への影響も指摘されています。

難関大学に合格する人の6割は
怒鳴られることのない育てられ方を
しているという調査結果もあります。

私自身の過去を振り返ると、
小学校~中学校では勉強ではあまり
苦労をしませんでしたが、

親への反発心が強くなった
高校生からは勉強への興味を失い、
赤点をとっても平気になったり、
影響はあったな、と
実体験を通しても思います。

子どもは知らず知らずのうちに
怒られるストレスを溜めているもの。

怒られることで出てくる行動を
チェックすることで子どもの
脳ストレス度をチェックできる
シートを用意していますので、
電子書籍17ページを
ぜひみてみてくださいね!

スクリーンショット 2019-08-16 14.36.27.png

http://waratteirareru.com/download1908/?blog0826

そしてお子さんのストレス状態が
わかったら、お母さんが
行動を変える時です。

 

新学期が始まり、季節も
過ごやすくなる今、

コミュニケーションを改善して
お子さんがご機嫌で過ごし、
さらに成長していけるように、
お母さんも一緒成長できると
いいですね!

8月の無料体験会は開催予定数を
終えていますが、

電子書籍の読者様に限り
お申し込みを受け付けております。

子どもを怒りたくないのに
怒ってしまうということを
繰り返していて、3週間で
怒鳴るのをやめられる方法に
関心のある方は、まずは上の
リンクから電子書籍を
ダウンロードしてくださいね!


コメントを残す