残4・子どもの脳ストレス、チェックしましたか?

こんばんは。永井です。

夏休みが始まってから1ヶ月以上…。
宿題のことが気がかりで
毎日毎日喧嘩になり、
しばらく子どもの笑う顔を
見ていない…

なんてことありませんか?

AdobeStock_212336978.jpeg

私自身、2年前までそうでした。
長男が3年生、次男が年長、
三男が0歳の夏。

育休で長く出かけるチャンス!とも
思っていて、段取りよくやって
欲しくて、計画を立てさせて、
毎日毎日、

「今日はどこまでやったの?
 あと何が残ってるの?
 一体いつやるの?」

と私の頭の中は
うんざりするほど宿題、宿題、宿題。

宿題のことを言わない日はなく、
宿題のこと以外にも、
早寝早起き、食事中の態度、
歯磨きやお風呂、身だしなみ、

今振り返るとありとあらゆることを
コントロールしようとしていました。

 

私がその状態でしたから、
息子は不機嫌でいることが多くなり、私のことをにらんでばかりで
目はほそ~くなっていましたし、

 

夜に寝ながら布団をなぐったり、
唸り声をあげたりすることが
ほぼ毎日ありました。

 

「脳ストレスチェックシート」では、

「人からされた行動を
 ネガティブに捉える」、

「ミスすることを過度に不安がる」、

「会話が続かない」など、

当てはまる行動が23個ありました。

 

スクリーンショット 2019-08-16 16.24.30.png

(ごめんなさい、16ページでした。

 電子書籍はこちらから。)

%%%_LINK_17472_%%%

 

もともと私は、
どんなときにも笑って、いい方に
考えられるお母さんでいたいなと
思っていましたし、

「いいよ、いいよ、経験だよ」と
ある程度のことは見逃して、

「おおらかなお母さん」で
いられるときもありました。

 

だからこそ、「宿題をやらない」などのことでスイッチが入ると

別人のように
怒りが止まらなくなってしまう
自分自身が怖くもありました。

落ち込む.png

しかし、これらの行動は、
私が過去に経験してきた

「夏休みの宿題をやらなくて
 怒られた」

「終わらなくて泣きながらやった」

「プリントがぐしゃぐしゃになって
 恥ずかしかった」

「慌てて仕上げていったポスターを
 クラスのみんなに笑われた」

「工作で作ったロケットが
 あまりにお粗末すぎて
 恥ずかしかった」

「読書感想文がつらかった」などの

夏休みの宿題にまつわる
苦い思い出をセラピーのスキルで
手放していくことで、

子どもの宿題のことで
私の心が乱れて荒れることは
なくなりました

 

セラピーのスキルを覚えてからは、
子どもの宿題が気になるときには
セラピーをするのが当たり前に
なったので、

もうほんとに長いこと
イライラしていません。

以前は夏休みの間中、
ずーーーーっとイライラしっぱなし
だったのに、です!^^)

linecamera_shareimage 34.jpg

そして以前は毎晩、怒鳴り声、
うめき声、泣き声のどれかが
していた我が家も、


「こんなに笑う子たち
 だったんだなぁ~」

という感動を取り戻してからは、
笑わないで寝るってことが
なくなりました^^

 

私は今、そのスキルを、
子どもを怒鳴らなくなれる
シンプルパフォーマンス・セラピー
として、

子どもを起こりすぎて親子関係が
悪化してしまったなという
お母さんたちにお伝えしています。

スクリーンショット 2019-07-28 16.41.29.png

脳ストレス23個も与えていた私でも変われた方法を知りたい、
試してみたいなと言う方は、
8月の無料体験会が残4枠です。


お申し込みをお待ちしていますね!


=================

8月の無料体験会

スクリーンショット 2019-08-06 18.49.48.png

お申し込みはこちらから
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
https://waratteirareru.com/campaign1908/

 

 


コメントを残す