脳を変えて怒りをコントロール!怒鳴りんぼさんでも大丈夫!

もう怒鳴りたくないな・・・
と思ったら、
脳から変わっちゃいましょう!
==========


こんばんは!永井です。

夏休み中の土曜日、
お疲れ様でした!

はぁ〜宿題進まなかった〜・・・と

お子さんよりも
お母さんのほうが
落ち込んでしまったり
していませんか?

スクリーンショット 2019-04-02 18.10.59.png

言い過ぎない方が子どもは動く

褒めることで子どもは伸びる

そうはわかってはいるものの
ついイライラして

「ねぇ、いつやるの?」

「早くやらないと終わらないよ」

そんな風に責めてしまって
子どもは余計に動かない、、、

よくあることです。

我が家は、

「宿題は私が
 見てあげないと・・・!」

というのを私が手放したら

今日の日中、

次男の読書感想文の本を
パパの音読で大爆笑している
という幸せな親子タイムが
ありました。

宿題は順調・・・かどうかは
わかりませんが、

親子関係は間違いなく
良好ですし、

息子たちの自己肯定感も
しっかり育まれていて

できる気しかしていなさそう^^

一番大事なのは

「自分でできる!」って

気持ちだと思うので

我が家はこれでいいんです^^

・・・という私も、

かつてはガミガミ言って
子どもにやる気を無くさせては
落ち込む夏休みを
過ごしていました。

夏休みなんて
なければいいのに・・・

本気で言って、

子どもを泣かせてしまった
こともあります。

子どもにとっては
楽しみでしかない夏休みを
私が最悪なものにしてしまったと

ひどく自己嫌悪になりました。

 

けれども今、
もしあの時の自分に
声をかけられるなら、


落ち込まなくてもいい!

あなたはあなたで頑張っている!

どうしようもないことの
手放し方を知らないだけだから
安心して!

と言ってあげたいです。

そして
来年の夏は
もう笑ってられてるから

大丈夫だよって

ってあげたい。

これ、同じことを
もし過去の私と同じように
悩んでいる方がいたら、

私、本気で目を見て
伝えたいです。

まず知っていただきたいのは、

怒鳴りたくないのに
怒鳴ってしまう
・・・という行動は、

自分でどうにかできることでは
ないということ!

 

 スクリーンショット 2019-03-17 21.24.02.png

 

私たちは、自分の行動は
自分で決めていると思いがちですが、

実はわたしたちの意識は、
2種類の意識でできています。

自分で意識できる意識と、
自分では意識できない意識です。

スクリーンショット 2019-03-30 0.58.09.png


自分で意識できる意識は、
顕在意識と言って、

意思を持って考えたり、
覚えたり、何かをするぞと
決めて動くときに使われています。

 

もう一つの潜在意識
そもそもはっきりと
意識することができません。

無意識でやっていることは
無数にあるのに、

えていないので
よくわからないんです。

 

 スクリーンショット 2019-03-30 1.00.10.png

 

ちょっと実験をしてみましょう。


手をグーにしてください。

簡単に反射的に、
グーってできますよね。

グーにするという指令、
そしてグーにする行動

これは顕在意識で
自分で意識できる範囲のことです。

では、どうやって手をグーにしたか、

片方の手だけグーにしたなら

なぜそちらの手をグーにしたのか、

今、説明ってできますか?

力加減をこうして、
指をこのスピードで曲げて・・・

など、一切考えずに
手をグーにすることが
できたと思います。

これが無意識で
やっていることです。

 

子どもを
もう怒鳴らないようにしよう!

そう決めることだけは、
顕在意識の範囲で、できます。

しかし実際には、

「子どもが宿題をやらずに
 なまけている」

というイメージが頭に入っただけで、


「宿題もしないで
 なにしてんの?」

ときつい言葉が出てしまうのは

そのプロセスは説明できず、
気がついたら

「あ、言っちゃった・・・」

というのが現実ですね。

つまり、私たちの行動は、
入ってきたイメージに対して、
潜在意識がどんな
反応をするかで
決まってしまうんです。

 

もしもお母さんの潜在意識に、

子どものころに
怒鳴られて言うことを
聞かされてきたことや、

親の顔色を伺って
自分の行動を決めてきたことが
残っていれば、

どんなに顕在意識の部分で
「子どもを怒鳴らない」と
決めていても、

「怒鳴る」という反応が
出てしまうもの。

怒鳴りたくないのに
怒鳴ってしまうことは

自分の意思で
どうにかできることでは
ないんです。

 

つまり、

怒鳴りたくないのに
怒鳴ってしまうのを
やめたい!という場合には、


その指令をだしている

脳から変わる必要があります

シンプルパフォーマンス・
セラピーでは、

潜在意識にアプローチしやすい
状態を作ってから

「思い込みの爆破」というスキルで、

潜在意識にある
ネガティブな思い込みを
お掃除していきます。


それによって、

意思だけではコントロール
できない部分にアプローチして
行動を確実に変えることが
できるセラピーです!

しかも、
努力して行動を変えるというより、

気がついたら変われていた!


という状態になれるんです!

夏休みの前に
シンプルパフォーマンス・セラピーを
習得し、

「今年の夏は絶対ラク!
 夏休みが楽しみです!」

と話していたSさんを
ご本人のご感想を通して
ご紹介しますね!

linecamera_shareimage 51.jpg

受ける前のお悩みは何でしたか?

毎日、子供にイライラ、
ガミガミしてしまい、

いつまでもしつこく
怒ってしまうことです。

「子どもの脳ストレスチェックシート(※)」では20個もチェックがあり、

毎日怒鳴られていたら
無理もないのかなと、
子どもたちに申し訳ない気持ちに
なっていました。

※子どもの脳ストレスチェックシート
はこちらからダウンロードできる小冊子に入っています。

http://waratteirareru.com/download1904/?mm0803

ご登録画面がでますが、メルマガが2通届くように
なったりはしないのでご安心くださいね!

セラピーをするようになる
前と後での
お子さんの変化は?

3年生の長男は、
宿題を始めるまでにまだ時間は
かかるものの、

やる気になればさっさとできる、
という事が分かってきたのか、

前よりは出来ない出来ないと、

言わなくなりました!



1年生の長女は、
学校から帰って来ると疲れて

何もやる気がしない感じだったのが、
さっさと手洗い、うがいをして、
宿題を始めるようになりました。

年少の一番下の子は、
兄弟喧嘩で大泣きしても、
前より泣き止むのが
早くなりました^^

私自身、人と比べて辛くなることも
ありましたが、

人それぞれでいいと思えるようになりましたし、うちはうちと、
どこの家庭も同じでなくていいと

思えるようになりました。

そして、主人や子供に
笑顔で対応できる事が
増えています!

「自分が変わると相手も変わる」を
実感しました!

一番変化が嬉しかったことは?

毎日のイライラが減ったお陰なのか、
夕方頭痛がしていたのが
ほとんどなくなくなりました。

朝からみんなで笑顔で過ごせるように
なったこと!

脳の勝手な思い込みの数の変化は?

31個 → 3個

養成講座の感想を教えてください

講座を受けていると、
今まで自分が思い込みに
縛られまくっていた事が
よく分かりました。

講座を重ねていくにつれて、

「あれ?
 今日はイライラしてないかも⁇」


という時が少しずつ増えていくのが

自分で分かったのが
本当に嬉しかったです!

どんな方におすすめですか?

・イライラしてしまう方

・子どもと過ごす休日が苦痛な方

・ママ友との関係が
 気になってしまう方


・出来ることなら全てのお母さんに!

 

===========

Sさん、ご感想を
ありがとうございました!!

Sさんの体験を聞くと、

私が体験したことが
やはり再現できていますし、

私やSさんだけでなく
もう600人を超える方が
効果を実感しているセラピーです^^

子どもに怒鳴ってしまう
悩みをなくしたい!という方は、

Sさんのように
脳から変わるのが一番心に
負担なくおすすめです^^

子ども怒鳴ってしまうのは
むしろ愛情深いお母さんであることに
間違いないです。

子どものためならお母さんは
変われる。その力は誰にでも
ありますから、

今夜は自分を責めずに
お休みくださいね!

ではまた明日!


コメントを残す