今日こそ怒りたくないお母さんが知っておきたい怒りの三角関係

本当は怒鳴りたくないのに
怒鳴ってしまう。

子どもを
怒鳴ってしまうお母さんは
みんなそう悩んでいます。

==================

おはようございます!

昨日の夜、

今日も怒り過ぎた・・
明日こそは笑っていよう、

と思った方、

まずはゆっくり深呼吸です!

しずかに吸って、
ゆっくり長めに吐きましょう^^

呼吸の仕方によっては
余計にイライラすることもあります。

しずかに、ゆっくりが
ポイントです。

しかし、私の経験上の話ですが、

正直、深呼吸しても無理な時は
たくさんありました。

深呼吸したっておさまらない
この怒りは、どうしたらいいの?

私、どこかおかしいのかな?


そんな風に感じていました。

怒鳴りたくないのに
怒鳴ってしまう・・。

このお悩みは深いですね。

特にご自身が幼少期に
怒鳴られて育ってきた場合、

怒鳴ることへの拒絶感も
大きいので

自分がどんどん
嫌になってしまいますよね。

 

しかし、
自分が幼少期に怒られた経験
こそ

実は子どもを怒鳴ってしまう
大きな原因になっています。

どういうことかというと、
自分が怒鳴られてきたお母さんには
こんな思い込みが
できているからです。


「子どもは親のいうことを
 聞かなければならない」

「約束は守るべきだ」

「忘れ物はしてはいけない」

「親に反抗的な態度を
 とってはいけない」

 

スクリーンショット 2019-03-19 17.30.36.png

 

子どもだって一人の人間。

約束を守れない時もあれば、
忘れ物をしてしまう時もある。

宿題を計画的にやるなんて
大人だって難しい。

頭ではそうわかっているのに、

お母さんの心は過去に
同じようなことで
怒られて傷ついたままなので、

子どもが言うことを
聞かなかったり、

約束を守らなかったり、

忘れ物をしたときに、
怒りが湧いてきてしまうんです。

あのときの自分のように
この子が怒られたら嫌だ・・・

という恐怖心や焦りから、
怒りの感情が生まれている。

これが私が

怒りの三角関係

と呼んでいるものです。 

スクリーンショット 2019-08-02 8.00.34.png

本当は怒鳴る子育てを
したくないのに
怒鳴ってしまうのは、
この
怒りの三角関係があるから。

 

怒りの三角関係を
解消したいと思ったら、

過去から始まっている
お母さんの中にある
傷ついた思いや、

お子さんに対して思ってしまう
ネガティブな思いを
シンプルパフォーマンス・
セラピー の「思い込みの爆は」の
スキルを使って手放せば
大丈夫です!

 

怒りの三角関係は、
必ず解消できます。

6年間怒り続けて
何をやっても変われない、
深呼吸ですら無理、と思っていた

私も、怒鳴らなくなり、
自分を責めなくなり、
穏やかでいることが当たり前に
なりました。

やることはシンプルで
深堀りは一切必要なく、

思い込みあのとき嫌だったなぁ〜

という気持ちを

「箱」と「爆破」という
シンプルなイメージを使って
手放していくだけ。

覚えてしまえば簡単なので
私以外にももたくさんのお母さんが
自分で自分の心をケアすることが
できるようになっていて、

やった人は全員よくなっています!

 

この夏、お子さんにまっすぐ
向き合えるお母さんになったら、

親子で明るい新学期を
迎えることができます!

怒ってばかりで
夏を終わらせないでくださいね!

 

=================

只今8月の体験会のお申し込みを
受け付けております。

今のお悩みを聞かせてくださいね。

先着10名様で締め切りとさせて
いただきます。

 

▼お申し込みはこちらから▼

http://waratteirareru.com/campaign1904/?blog

スクリーンショット 2019-04-26 16.03.27.png

この体験会はZOOMで行うので

移動時間なしで、
ご自宅からでも車の中からでも
受けられます。

時間は約2時間。ご自身の思い込みを
知り、お子さんとの関係を改善する
きっかけをつかんでくださいね!


お話できるのを楽しみに
していますね!

 
================

 

 


コメントを残す