子どもの自己肯定感を低めていると悩むお母さんにしてほしいこと

こんばんは!永井です。
 

日頃のコミュニケーションで
子どもの自己肯定感を
低めてしまっているなぁと
心配なとき、

たいてい、お母さん自身の
自己肯定感も低いもの。

 

スクリーンショット 2019-04-02 18.10.59.png

 

だからまずは、
お母さんの自己肯定感の低い
思い込みをとっていくのが
先決です!

子どもの自己肯定感は、
お母さんとの関わりで育まれます。

子育てに一生懸命な
お子さん思いのお母さんは、

子どもを否定する言葉ではなく、

自信を持たせる言葉掛けが大事!

ということは
すでにご存知で、

心がけている方も

多くいらっしゃると思います。

それが、頭ではわかっているけど
できない、、、というのは

脳の仕組みの問題で

潜在意識が関わってくるのですが、

今日はその話題ではなく、

子どもを褒めたり、
自信を持たせる言葉掛けを
するときの、

おかあさんの心の状態

お話をしたいと思います。

テクニックとして、
褒める、自信を持たせる、

そのような言葉を
言うことは、訓練次第で
できるかもしれません。

セラピーの思い込みの爆破で
イライラする思い込みを
取っていけば、

お子さんを褒められるタイミングも
増えていきます。

しかし根本で大切なこと

それが

お母さんの自己肯定感なんです。

子どもは、
言葉で言われることよりも

お母さんのふるまいから
学びます。

学ぶというより、
真似ぶ、というほうが
実態にあっているかもしれません。

もしいつも身近にいるお母さんが、
自身なさそうにしていたり、

自分ってダメだわ・・・と
落ち込んでいたりしたら、

お子さんは、
それが人の当たり前の状態だと
認識していきます。

あれ、お母さん、
自信がなさそうだぞ、

どうしたんだろう?

とはならないで、

そういうもの、

と思って真似をして
生きていくことになるんです。

なので、どんなに素晴らしい言葉で
感情を込めて

「あなたは天才!」

「あなたはすごい!」

と伝えたとしても、

お母さんに自信がない状態で
言われていたとしたら、

「いくらそう言われても、
 なんとなく自信ないな」

 

という振る舞いや心のあり方が
当たり前になってしまうんです。

ですから、
自信がないお母さんには、

自信を取り戻せるような
セラピーの取り組み方を
オススメしていきます。

セラピーを習得し、
続けていけば

早い人は数日、

遅くとも数週間以内に

「あれ?どうしてあんなに
 私は自分に自信が
 なかったんだろう?」

という気持ちになれます。

人と比べた自分ではなく、

ありのままの自分自身で
いいんだな、と思えるように
なるからです。

この状態で、
子育てできたら、
お子さんはぐんぐん伸びますし、

不用意な言葉や振る舞いで

お子さんの自己肯定感を
下げる心配もなくなりますよ。

私の行っている
シンプルパフォーマンス・
セラピーの体験会では、

思い込みのチェックシートを
使って、

お母さん自身も
気づいていないような

脳の勝手な思い込みを
チェックしていきます。

これによって、

潜在意識にどんな思い込みが
隠れているかが
わかるからです。

思い込みがわかれば
セラピーで手放していくだけ!

とっても簡単な方法で、

子どもの自己肯定感を
育めるお母さんになることが
できますよ!

自分が親であるがばかりに
この子は自己肯定感がひくく
なってしまって・・・・

と嘆くのはもうやめですよ。

あなたが親であることが
問題なのではなく、

自分に自信がない状態から
抜け出せればいいだけです。

私はその方法を知っていますし、
私自身、自己肯定感どん底から
上がってこれた人間ですので、

気になる方はぜひ
体験会でお話しましょうね!

 

 

こっそり、6月の日程を
増枠しました。

 

今日ここまで読んでくださった方は、
誰よりもはやくその日程を

みることができますので、

合う日程がないか、
さっそくチェックしてみて
くださいね!

体験会の日程は
以下のリンクからご確認いただけます!

では、また明日!
笑顔の1日となりますように☆

===========
もう怒鳴らない!

これだけで
子どもが変わる
魔法の3分習慣

シンプルパフォーマンス・セラピー
ZOOM体験会

===========

スクリーンショット 2019-04-26 16.03.27.png

今すぐお申し込みはこちらからどうぞ
http://waratteirareru.com/campaign1904/

 


コメントを残す