【残4】本当は怒鳴る子育てをしたくないのに怒鳴る理由

本当は怒鳴りたくないのに
怒鳴ってしまう。

子どもを
怒鳴ってしまうお母さんは
みんなそう悩んでいます。

==================

こんばんは!永井です。

怒鳴りたくないのに
怒鳴ってしまう・・。

このお悩みは深いです。

 

特にご自身が幼少期に
怒鳴られて育ってきた場合、

怒鳴ることへの拒絶感も
大きいので

自分がどんどん
嫌になってしまいますよね。

 

しかし、
自分が幼少期に怒鳴られてきた
というのが、

実は怒鳴ってしまう
大きな原因になっています。

 

怒鳴られてきた経験のある
お母さんの中には
こんな思い込みができています。


「子どもは親のいうことを
 聞かなければならない」

「約束は守るべきだ」

「忘れ物はしてはいけない」

「親に反抗的な態度を
 とってはいけない」

 

スクリーンショット 2019-03-19 17.30.36.png

 

子どもだって一人の人間。

約束を守れない時もあれば、
忘れ物をしてしまう時もある。

 

頭ではそう思っていても、

お母さんの心は過去に
怒られて傷ついたままなので、

子どもが言うことを
聞かなかったり、

約束を守らなかったり、

忘れ物をしたときに、
全力を出して怒ってしまいます。

 

あのときの自分のように
この子が怒られたら嫌だ・・・

という理由でお母さん
自身が怒ってしまうんです。

 

私はこれを

怒りの三角関係

と呼んでいます。

 

 スクリーンショット 2019-03-28 21.28.10.png

本当は怒鳴る子育てを
したくないのに
怒鳴ってしまうのは、この

怒りの三角関係のせいなんです。

 

怒りの三角関係を
解消したいと思ったら、

過去から始まっている
お母さんの中にある
傷ついた思いや、

お子さんに対して思ってしまう
ネガティブな思いを手放しましょう!

 

怒りの三角関係は、
必ず解消できます。

 

この春、お子さんにまっすぐ
向き合えるお母さんになって、

親子で明るい新学期を
迎えてくださいね!

 

明日の朝のメールで、
また
もうちょっと詳しく
解説しますね!

 

=================

3月の体験会、10枠の増枠を経て
残4枠となりました。

お申し込みはこちら!

スクリーンショット 2019-03-08 6.52.45.png

▼お申し込みはこちらから▼

 

この体験会はZOOMで行うので

移動時間なしで、
ご自宅からでも車の中からでも
受けられます。

忙しいお母さんにぴったりですよ!

 

お会いできるのを楽しみに
していますね!

 
================

メルマガ読者さま限定
電子書籍のダウンロードはこちらから

 スクリーンショット 2019-03-07 7.37.59.png

進級前の春休みに
絶対ガミガミ怒鳴らない

シンプルパフォーマンス
セラピー春休み編

電子書籍の
ダウンロードがまだの方は
こちらからどうぞ!
 

 

 


コメントを残す