春のスタートを不安定にする悪循環はどこからはじまるか

不安になってイライラして、
そしてまた不安になる。。。

こんにちは!永井です!

 

スクリーンショット 2019-03-02 8.36.03.png

 

環境が変わり、生活が新しくなる春は
やる気もみなぎる一方、
子どもの気になる言動が増えたり、
お母さんのイライラも
出やすい時期。

 

春は、

 

春になったんだから
気持ちは切り替えられるもの。

春になったんだから
きっとうまくいく。

春になったんだから
できるようになって当たり前

 

と言うように
期待値も上がるので
イライラしやすくなって
しまうんです。

 

「もういい加減、
 一人で忘れ物ないように
 準備できるようになって欲しい

とか

「朝は一人で起きて欲しい」

とか

「言われなくても宿題を
 やったり、手紙を出したり
 してほしい」

 

という思いが募っていくんですね。

 

ここで一番心配なのは、

何回言っても子どもが
できるようにならなかったり、

かえって反抗的な態度を
とるようになり、状態が
悪化してしまったときに


お母さんが自分で自分を
責めはじめてしまうこと。

 

期待が高い分、
うまくできない自分に
落ち込んでしまうんです。

 

スクリーンショット 2018-12-18 21.32.10.png

 

自分を責めるお母さんは
自分のダメなところばかりに
意識が向くようになるので

それと同時に

お子さんの
「できていないところ」

がますます目につくように
なってしまいます。

 

すると、

 

私のせいだ・・・
とお母さんが不安になる

早くできるようになってよ!と
子どもにイライラする

あなたのためを思っているのに…と
子どもに感情をぶつける

子どもが不安定になる

さらにできない事が
気になる


お母さんがもっと
不安になる

子どもにイライラする

 

こんなループが
起こってしまうのです。

 

 スクリーンショット 2019-01-13 22.27.16.png

さらに、このループ、
繰り返すたびに
その頻度度合い
強まっていきます。

 

ご自身とお子さんとの
関係を振り返ってみてどうですか?

 

前より悪くなっている…

という心当たりのあることが
きっとあると思います。

 

春は新生活のスタートを決める
大切な時期。

 

怒られた子どもは
それがたとえ自分のために
なることだと言われても、

「怒られた」

「否定された」

「受け入れられない」

という感情を持ってしまうので
お子さんのストレス耐性は
どんどん弱まってしまいますね。

 

スクリーンショット 2019-01-17 20.28.37.png

 

春のストレスに耐えうる状態で
春を過ごせるようになるには、

まずはお母さんが
期待と不安を手放して
どっしりすること。

 

大木のように揺るがない軸は
実は誰でも持つ事ができる
ものなので、

春にこそ、

お母さんにそのスキルを
身につけていただきたいなと
思います!

 

春のお母さんは大木!
不安になってイライラするのは
卒業しましょうね!

 

スクリーンショット 2019-03-02 10.19.27.png

 

それではまた夜に!

今日を笑顔で
過ごせますように!

 

============== 

 


コメントを残す