子どもを怒鳴っているお母さんに一番大切にしてほしいものはこれ。

===========
子どもを怒鳴っている
お母さんに一番大切に
してほしいものはこれ。
===========

こんばんは!永井温子です。

子どもを怒鳴っている
お母さんに、私が
一番大切にしてもらいたいもの。

 

それは、

 

お母さんの心です。

 

スクリーンショット 2019-01-12 20.47.32.png

 

もちろん、
怒鳴られたお子さんの心も
大事ですが、

お母さんの心が
穏やかにならなければ、

いつまでもお子さんを
傷つけ続けて
しまうことになります。

 

かつての私は、
子どもに良いと
言われていることは
なんでも取り入れたいと
思っている母親でした。

 

天才が育つという
高額の幼児教育セットも
貯金をはたいて購入しましたし、

毎晩の読み聞かせも
やっていました。

 

睡眠の質をよくするために、
部屋を真っ暗にしたほうが
成長ホルモンがよく出る
と聞けば、

なるべく早く寝かせ、
とにかく暗くし、

そんなところに帰ってくる
旦那さんにイライラ
していたりしました。

 

それが、だんだん
思う通りにできなくなり、

2人目が生まれると

さらにリズムが狂うようになり、

授乳のためには真っ暗に
できないし、

お風呂も着替えもハミガミも
嫌がって手がつけられず、

ジレンマを抱えていました。

 

さらに夫の転職も重なり、
家計のためにしっかり働いて、

しっかり稼がなければならない
状況になりました。

 

毎日毎日、
家事、育児、仕事に追われ、
理想とはかけ離れてく日々。

 

ストレスが溜まって、
イライラ子どもに
怒鳴ることが増えて
しまいました。

 

その日常をなんとか変えたくて

ネットの情報を読み漁ったり、
自分を変えるための
自己啓発の本を読んだり、

アンガーマネージメントの
手法を試したり、

子育てコーチングを
学んだりもしましたが、

自分を変えることができず
自己嫌悪になっていました。

 

潜在意識を学んだ今なら
わかるのですが、

どんなに素晴らしい考え方や
手法に出会っても、

私自身の心の状態に
余裕がなかったり、

目の前の現実に対して
過去のトラウマを
重ねてしまうような
考えぐせがあったとしたら、

根本から行動を
変えることができないので、

学びもむなしく
同じことを繰り返してしまいます。

 

ですから一番大切なことは、

育児方法などのノウハウや
子どもに与えてしまった傷を
どうケアしていくか
ということよりも、

お母さんの心の状態を
整えることなのです。

 

心の状態を整える
というのは、

 

ストレスを溜めにくい
習慣を身につけること、

情報に振り回されず、
自分の軸をしっかり持つこと、

子どもの自分との間に
一人の人間同士として必要な
距離感を保てるようになること、

そして、

子どもとの時間を笑顔で
過ごせる心の余裕を持てることです。

 

お母さんの心の状態が整うと、

お子さんの困った行動も
自然と減りますし、

そもそも、

心の状態が整っていない
お母さんは

本来、それほどガミガミと
怒らなくてもいいことに対し、

目くじら立てて子どもを
全力否定していることが
ほとんどなのです。

 

それをやめられると、
お子さんは自分の居る場所に
安心できるようになるので、

行動が落ち着くんです。

 

ですから、まず大切なのは

お母さんの心

 

私自身、
心が荒れてどうしようも
なかったのが

自分で自分の心をケアできる
方法に出会い、

どこかに行かなくても、
誰かに合わなくても、

いつでもどこでも
やりたいだけ、

自分の心のメンテナンスが
できるようになり、

私自身、
そして私たち親子が
救われたと思っています。

 

今度は私が、
今、辛い気持ちで子育てしている
お母さんに幸せを手渡したくて
この志事(シゴト)をしています。

 

子どもは親を写す鏡とも
言われていますが、

ネガティブな面も
ポジティブな面も、

本当にその通りです。

 

もし今お一人で
今日も怒鳴ってしまった・・・
どうして私は変われないの・・・
と落ちこんでいるのなら、

その状況から抜け出す方法が
あることをぜひ、
覚えていてください。

いつでもお力になりたいと
思っています。

 

それではまた明日!

明日が笑顔の1日と
なりますように☆

===============

もうお読みいただけましたか?

年末年始にガミガミ怒鳴らない
 お母さんになれる3分習慣!
 シンプルパフォーマンス・
 セラピー〜冬休み編〜』

eBookPickUps.003.png

ダウンロードはこちらから

 

 


コメントを残す