【残3枠】危険!怒鳴るのがストレス。なのに怒鳴ってストレス発散!?

【残3名】
無料オンラインZOOM体験会

お申し込みはこちらから
%%%_LINK_13676_%%%

===========
危険!怒鳴るのがストレス。
なのに怒鳴ってストレス発散!?
===========

こんばんは!永井温子です。

今日は、

怒鳴るのをやめるために
大事なことについて
お伝えします。

 

いつもつい怒鳴ってしまう。

怒るのを止められない。

 

この状態を解決していくには
最初に何をするべきでしょうか。

 

スクリーンショット 2019-01-10 17.41.53.png

まずは

知ること です!

 

例えば何か問題が起きたとき

その問題を正しく
認識できていなかったら、

その問題を解決するのは
一向にできないですよね。

逆に、
その問題の原因となっている
根本がわかれば、

そこに対処することで
問題解決への車輪を
回していくことができます。

 

なぜ怒鳴ってしまうのか。

そこにはストレスが大きく
関わっています。

この現代社会に生きていたら
ストレスは多かれ少なかれ
ありますよね。

それは仕方のないことです。

 

ですが、
同じ物事に対して
ストレスを感じる人もいれば
全く感じない人もいます。

 

例えば、
子どもが上着を着るのを嫌がって
そのまま外にでてしまっても
気にしない人もいれば、

着なさ〜い!と上着を持って
追いかける人も
いますよね。

 

うまくいかないことがあって
声を荒げてしまうとき、

なぜ自分がそこに反応するのか

ということに意識を
向けている方は案外
少ないのですが、

ストレスを感じる
大元にある感情や思い込みを
知ることは、

とても大事なことなのです。

 

私の場合、
よく怒っていたことのひとつに

子どもが
片付けをしないのがストレス

ということがありました。

これをなぜストレスに
感じていたかというと

→自分は片付けたくない

→使ったものは自分で
 片付けるべき

→片付いていないのが
 自分の責任に感じてしまう 

→片付けできない子になるのが不安

→理想と現実のギャップ

→片付けを穏やかに促したいのに
 それができない自分が嫌

→片付けてなくて怒られた
 ことがある

→片付いていない家は
 恥ずかしい

などの思いがあり、それが
ストレスを感じる理由に
なっていたんです。

 

ですから、

この原因に対処しない限り、

ストレスを感じなくなることは
難しいですし、ストレスがあれば
怒鳴ることを止めることも
難しいのです。

 

怒鳴ると、アドレナリンも出るので
怒鳴ってスッキリしたい!

という衝動性も強まります。

そうすると、
怒鳴る頻度も強度も
上がっていってしまいます。

子どもの人格形成や発達への
影響を考えたら、

これってとても危険なことでは
ありませんか?

 

人によっては、
怒鳴ってしまう原因は
起こった出来事にあると
思っていて

怒りを感じている自分自身が
感じているストレスに
気づいていない人もいます。

 

怒鳴りたくないのに
気づいたら怒鳴っていた!!

というのを
繰り返してしまうのは、

怒鳴る原因を明らかにせずに
怒鳴るのをやめようとしてきたからです。

その原因を明らかにし、
変われないという同じ結果が
やってくるのは避けたいですよね。

 

だから!

 

まずは知ること!

 

知って初めて、
問題に対処できるようになります。

子どもを怒鳴ってしまう
原因となっているストレスが

なぜストレスになっているのか

脳の勝手な思い込みが
潜在意識にどのくらいあるのかを
簡単にチェックできるシートから

そのストレスを
紐解いていくことができますよ。

まずは
知ることからスタートしましょう!

 

 

脳の勝手な思い込みが知れる
チェックシート付き!

1月オンライン無料体験会は
残り3枠です。

ガミガミ体験会.001.jpeg

思い込みのチェックシート↓

 unnamed-6.jpg

 

▼お申し込みはこちらから▼

http://waratteirareru.com/campaign1812/

 
体験会でお話できるのを
楽しみにしていますね!

===============

もうお読みいただけましたか?

年末年始にガミガミ怒鳴らない
 お母さんになれる3分習慣!
 シンプルパフォーマンス・
 セラピー〜冬休み編〜』

eBookPickUps.003.png

ダウンロードはこちらから

 


コメントを残す