怒鳴らない母になれない人にある思い込みとは?

こんにちは。永井温子です。

===========
怒鳴らないお母さんに
なりたいのになれない人がもつ
思い込みとは?
===========

前回は、抑えられない
衝動的な怒りのメカニズムについて
お伝えしました。

バックナンバーはこちら
https://www.agentmail.jp/archive/mail/1655/5469/228721/

 

怒りは、心のバケツに
ネガティブ感情がいっぱいになって
溢れるときに出てくる二次感情
でしたね。

 

スクリーンショット 2018-12-06 21.25.28.png


今回は、
子どもを怒鳴りたくないのに
怒鳴ってしまうお母さんの
バケツにありがちな
ネガティブ感情(思い込み)
についてみて行きます。

 

このバケツの中にあるものは
潜在意識にあるので

普段自分では意識できません。

 

なので、

「え?私にそんな思い込み
   あるかな?」

と感じるものもあるかも
しれません。

 

ですが、現状もし、
本当はしたくないのにと
思いながら、

子どもを
怒鳴ってしまっている
のだとしたら、

何かは
あるはずです。

心当たりがないか
見てみてくださいね!

 

怒鳴るお母さんに
ありがちな思い込み 1

子どもは怒鳴らないと
言うことをきかないものだ

もしくは

子どもは怒鳴れば
言うことを聞く

 

これは怒鳴られて
言うことを聞かされてきた
経験のある方に多いです。

自分じゃなくても、

自分の親の夫婦喧嘩など
を見て、どちらかが
どちらかに一方的に
怒鳴られて、

相手が言うことを聞いている
のを見たりすることでも
このような思い込みは
できます。

 

漫画どらえもんの中で、
「の〜び〜た〜!」と
怒るお母さんの姿に
「はいは〜い!!」と
縮み上がるのび太くんの
様子からも、

ひょっとしたら
刷り込まれている可能性は
あるかもしれません

(のび太くんのママ、
 怒るとツノが生えて
 怖いですよね。)

スクリーンショット 2019-01-07 9.55.39.png

ああなりたくないな、
と思っていても、

イメージが頭の中に
入っていると、

潜在意識はそれを現実に
しようと動くものです。

こんなときは怒鳴る

というプログラムが
脳の中にできてしまっています。

なので、このプログラムを
書き換えることで、
怒鳴らないお母さんに
なることができます。

 

 

怒鳴るお母さんに
ありがちな思い込み 2

 

怒鳴ってでも
言うことを聞かせるべき

 

こちらはがんばりやさんの
お母さんが持っていることが
多いです。

子育てはこうでなければ、
ああでなければ、

というい思いが強くもっていて
一生懸命なのと、

自分がしっかり
やらなくてはいけない

と思っているので、
怒鳴ってでも・・・という
行動のスイッチがON
なっています。

 

また、子どもの頃、
あんまり手がからなかった
と言われて育ってきた方や、

自分はそんなに怒鳴られたりした
覚えはないのに、
どうして自分は子どもを
怒鳴ってしまうんだろう?

と言う方も、この思い込みを
持っているかもしれません。

 

ご自身が、
母親を困らせてはいけないとか、

母親の言うことは
聞いていた方が無難、とか、

そういう思いを持って
育ってきた方は、


お母さんが一生懸命に
伝えようとしているのに、

それを無視したり、反抗したりする
子どものことを
許しがたく感じてしまいます。

自分はそんなこと
してこなかったのに、
どうしてこの子は・・・!

という不安からくる怒りです。

 

怒鳴ってでも言うことを
聞かせないと・・・と

思っている方は、

この怒鳴らないと…という
思い込みを外すことで、

怒鳴るほどではない

という範囲が広がり、
怒鳴らないお母さんになることが
できます。

 

今回のメールではここまで。

また次のメールで
お会いしましょう!

 

 

 

===============

もうお読みいただけましたか?

年末年始にガミガミ怒鳴らない
 お母さんになれる3分習慣!
 シンプルパフォーマンス・
 セラピー〜冬休み編〜』

eBookPickUps.003.png

ダウンロードはこちらから

 


コメントを残す