ドライヤーを叩き割った私の過去からのお願い。このルールは守ってください。

こんばんは!永井です。

 

今日は今年最後の
シンプルパフォーマンス・
セラピー体験会でした。

 

「子どもへの怒り方が
 どんどんエスカレート
 していて…」

 

とお話されるのを聞いていて、

まさに過去の私

と思いました。

 

今まで本当に辛かっただろうと
わかるからこそ、

今いるところからは
絶対に抜けて欲しい!
心から思いました。

 

いま、
どんなに子どもを怒鳴っていて、
優しくできないと悩まれていても、

お母さんのその両手には
見えない愛がたっぷりあることを
私は知っています。

 

「また怒鳴っちゃった」

「毎日毎日嫌になる」

 

そういう感情に呑まれて
いるとき、

お母さんは自分が持っている愛に
自信がなくなってしまうものですし、

自分はダメな母親だ、

どうして愛せないのだろうと
自分を責めてしまいがちです。

 

でも、

怒っているのも
怒鳴ってしまうのも、
手を上げてしまうのも、

みんな、愛があるから
やっていること。

 

愛が放出されるベクトルが
潜在意識に入っている
過去のトラウマや経験のせいで、

歪んでしまっているだけなんです。

 

邪魔をしているものさえ取れれば、
必ず、愛情たっぷりの
どっしり母さんになれます。

 

変われる感動を
ぜひぜひ味わって欲しいなと
心から思っています。

 

さて、その個別相談で、
わたしはあることを暴露しました。

多分、この話をしたのは、
お二人目くらいだったと思います。

今まであまり公開して
こなかったことなのですが、

誰だって経験があるけれど、
乗り越えられるということを
お伝えしたくて
お話しました。

 

それは、
壊れたドライヤーの秘密です。

 

私の家には
ドライヤーが2本あります。

一つは、

超高級!私が欲しくて大奮発した
ヘアビューザー(業務用)^^
(たしか3万円くらいした)

 

そしてもう一つは、

1円スタートの
オークションで買った

どこのものわからないドライヤー
(数百円)

 

しかも、割れています。

 

今日は、このドライヤーが
割れた経緯をお話したのですが、

 

これ、自分で思い出すのも
恐ろしい話なのですが、

私が叩き割ったものなんです。

 

詳しいことは正直
よく覚えていません。

 

でも

「いい加減にしてよ!」

と、息子の前で床に
叩きつけたのは覚えています。

 

ドライヤーですから、
お風呂のことで
キレたのだと思います。


お風呂を嫌がる

洗うのも嫌がる

着替えも嫌がる

ドライヤーも嫌がる

 

そんな息子でしたので、
思い通りにならないことに、
毎晩イライライライラ
していました。

 

このドライヤーを割ったとき、

------
ドライヤーが割れる
ほどの怒りを
私は息子に対して
抱いている

そのことが、
自分で本当に
恐ろしかったです。

 

ドライヤーを叩き割った
経験がある方はあまり
いらっしゃらないかも
しれませんが、

 

ドアを力いっぱい閉めた、

カバンを投げた、

テーブルを叩いた、

何かを蹴飛ばした、

ものを投げた、

 

などの行為は、
心当たりのある方も
少なくないのでは
ないでしょうか。

 

その力が
小さな子どもに
向いてしまったらと思うと、
恐ろしいですよね。

 


ものに当たっても
なんの解決にもなりません

それどころか、

物に当たることで
暴力という怒りの出口
できてしまいます。


子どもに恐怖心を与えますし、

やがては人に当たるように
なってしまいます。

 

ですから、

怒るときは
物に当たらない!


これをひとつのルールに
してくださいね!

 

潜在意識の専門家なので、
意識的に気をつけることでは
なかなか行動が変えられないのは
重々わかってはいますが、

お子さんを守るためです。

物に当たらない

という約束を
ぜひ作って、守ってください。

 

そしてもしもうすでに
暴力という怒りの出口が
できてしまっている方は、

私に相談する勇気を
持ってくださいね。


今は個別相談の募集を
一旦停止しているので
このメールに返信で
送っていただいてOKです。

一人で抱えたまま、
新年迎えないでくださいね!

 
ではまた明日!

 
明日は大晦日なので、
おすすめの元旦の過ごし方を
お伝えしたいと思います!
 
 
 
=============== 
 

最新の電子書籍は
お読みいただけましたか?

 

『年末年始にガミガミ怒鳴らない

おかあさんになれる3分習慣!

シンプルパフォーマンス・
セラピー〜冬休み編〜』

ダウンロードはこちらから

eBookPickUps.003.png

読者さんから
こんなご感想をいただきました!
 

図の使い方がとてもシンプルで
分かりやすくて、
表現が難しい感情を
視覚化することが出来ていて
とっても勉強になりました。
 
フレーズの端々に
困っているお母さんに対する
寄り添う姿勢が見られて、
本当に優しい気持ちになりました。

=========

ご感想、ありがとうございます!


まだお読みでない方はこちらから
ダウンロードしてくださいね!

%%%_LINK_13673_%%%


コメントを残す