5Wで怒鳴ってない?それ効果なしですよ!

おはようございます!永井です。

 

5W1Hって、ありますよね。


いつ、どこで、だれが、
なにを、なぜ、どのように・・・

 

英語の授業でててきましたし、
職場でも
報告は5W1Hを
網羅するように…などと、

重要なものとして
頭にインプットされていますよね。

 

でもこの5Wについては、
子どもとのコミュニケーションでは
要注意です。

 

スクリーンショット 2018-12-23 19.34.05.png

 

例えば、 

WHY

なんでそんなことするの?

WHEN

いつになったら宿題するの?

WHY

なにしているの?

 

大人ならば、

「何でそんなことするの?」とか

「何しているの?」

と言われれば、

あぁ、何か間違っていたかな?

と思いますし、

 

「いつになったら宿題するの?」と
言われれば、

もうやれってことだな。

と気が付けるものです。

 

でも子どもにとっては
言葉はもっとストレートなのです。

 

ですから、「なんで」「いつまで」と
聞かれたら、「わからない」と
思うものなんです。

 

怒りたくなった時には

「どうしたらできる?」という

魔法の言葉も有効ですよと
昨日はお伝えしましたが、

 

今日は言い方を

ストレートに直す方法を
ご紹介しますね。

 

まず、
「なんでそんなことするの?」

これを言いたくなったら、
(言ってしまったら)

具体的に伝えるため

「それはしないで。」

「それはしたらいけないよ」

ストレートに伝えましょう。

 

「いつになったら宿題するの?」

は、「そろそろ宿題やろうか」

でもいいと思いますし、

 

「なにしてるの?」

こう言いたくなったら、
そのときにして欲しいことを
具体的に伝える言葉に
置き換えましょう。

 

「着替えしようね」

「歯磨きしようね」

 

などが場面としては
多いと思います。

 

子どもは、
的確な指示を与えられたら、
案外素直にその通りにうごく
ものですよ!

 

それでもなかなか動かない、
という時には、

お母さん側に

「どうせやらない」

「何回言っても聞かない」

「全然動かない」

なんて思い込みがないか
振り返ってみてください。

 

思い込みは、現実になる力を
強力に持っていますから、

言葉を変えてもダメならば、
潜在意識を変えるのが
早いです。

 


私自身、その思い込みを
シンプルパフォーマンス・
セラピーのメインスキル、
「思い込みの爆破」で手放したら、

自然と子どもが動き出したという
ミラクルを何度も体験しています。

 

「布団を敷いてくれない」を

手放したら、

子どもたちが自分たちで布団を
敷いてくれましたらし、

 

「今日もまた歯磨きしない」を

手放したら、

子どもが自ら歯を磨きに行きました。

 

親は思い込みで
子どもはやらないと決めつけて、

子どものペースよりもちょっと早く
先に「やりなさい!」
怒ってしまっていることが

(そして「怒らないとやらない」を
 現実化している状態なのが)

意外と多いものですよ。

今年1年間に心に溜まった思い込みを
掃除して、スッキリ新年を迎えたい方は

年末、少しですが枠を増枠して
ご案内しておりますので

お早めにお申し込みくださいね!

 

昨日1件お申し込みがありましたので、

残り2枠です!

 

年末年始に子どもにガミガミ
怒鳴らないお母さんになれる
3分間の新習慣!

シンプルパフォーマンス・
セラピー
体験会。

日程を追加しました。
ご確認くださいね!

 

▼お申し込みはこちらから▼

http://waratteirareru.com/campaign1812/

 

 
=============== 
 

最新の電子書籍は
お読みいただけましたか?

 

『年末年始にガミガミ怒鳴らない

おかあさんになれる3分習慣!

シンプルパフォーマンス・

セラピー〜冬休み編〜

 

eBookPickUps.003.png

 


まだの方は
こちらから
ダウンロードできます!

http://waratteirareru.com/download1812/


コメントを残す