自己否定をやめれて人生が変わった人のインタビュー

こんばんは!

 

1日3分!
一つ行動するだけで
辛い気持ちが幸せに変わる!

シンプルパフォーマンス・
ナビゲーターの永井温子です^^

 

スクリーンショット 2018-11-08 22.27.45.png

 

昨日、ラジオのインタビューで
漫画家・作家で

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』の著者

歌川たいじさんの
インタビューを聞きました。

 

歌川さんは虐待といじめを受けて育ち、

ずっとブタブタと言われて、

自分はブタ以下だと思って

生きてこられたそうです。

 

 
お母さんからの虐待に耐えかね家出をし、
一人で暮らしていたそうですが、

唯一の理解者だったおばあちゃんが
病気になり、
会いに行ったとき、

 

おばあちゃんのことを励ましたいのに、

ずっと自己否定をしていたので、

 

「どうせ僕はブタだしさ…

僕なんかが何したってダメだよね」

 

と自虐の発言しか
出てこなかったそうです。

 

 

それを聞いていたおばあちゃんが、

 

「あなたはブタじゃない。

 今ここで、

 僕はブタじゃないって言って」

 

と言ったそうです。

 

でも歌川さんは、

ずっとそう思いこまされてきたから

それがなかなか言えなかったそうです。

 

 

けれどもやっと、

小さな声で言ったそうです。

 

 

そうしたらおばあちゃんが、

「もっと大きな声で言って」と言い、

もう一度はっきりと言ったそうです。

 

 

言った途端に、ビックバンのように

自分は本当は

これをずっと叫びたかったんだと

気づかれたそうです。

 

そこから人生が変わった
話されていました。

 

 

歌川さんは、

言葉の暴力について

 
家庭でも学校でも、

言葉の暴力には洗脳されてしまう。

 

言われたそのときだけでなく、

言われたときからずっと

その声が脳内から自分を攻撃してくる

だからいけないんだ!

 

そう、声を強めておっしゃっていました。

 

 

  
歌川さんは、

おばあちゃんが

「自分はブタじゃない」

と言わせてくれたからこそ

人生を立て直すことが

できたのですが、

 

これって、実は、

歌川さんもラジオの中で
おっしゃっていましたが、

 

熟練のカウンセラーさんが

やるようなことなんです。

 

 

 

自己否定から抜けるには

それだけのスキルが必要なんですが

 

 

私が講座を開いてお伝えしている

シンプルパフォーマンスセラピーは


自分で自分にセラピーする方法を覚え

 

効果的に、辛い思いをすることもなく、

自己否定をやめることができる

セラピーなんです!

 

 

自己否定をやめられるから

お母さんも気持ちがとても楽になるし、

やりたいことができるようになり

 

子どもとも、思う通りの時間が

過ごせるようになります。

 

 

おばちゃんがやってくれたことを

自分で自分にできるようになる、

そのきっかけを

私は皆さんにご提供しています。

 

 

そのきっかけをいつ起こすか、

ご自身で決めたい方は、

 

体験会でお話をお伺いしますね。

 

残枠少なくなっておりますが、

こちらからお申し込みください。

http://waratteirareru.com/campaign1809/

 

 

歌川さんのインタビューは
1週間の期間限定ですが
こちらから聴くことができます。

https://www.nhk.or.jp/radio/ondemand/detail.html?p=2295_16
 

 

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』

は、映画化され、
来週の金曜日(11/16)から
上映されるそうです。

 

見にいったら、
またレポートしますね! 

 

ではまた明日!

 

 

 

 

==========
メルマガ読者様に
配布中の電子書籍、

ダウンロードはおすみですか?

 

子どもを
怒鳴ってしまうお母さんが

今日から怒鳴らない
お母さんになる!

3分間の新習慣!

子どもを怒鳴ってしまうお母さんが今日から怒鳴らなくなる表紙画像.jpg

 

ダウンロードはこちらから!

 

http://waratteirareru.com/download1809/

 

 

 

 


コメントを残す