「やったの?やったの?」を地獄のようにくりかえしていた私。

こんばんは!
永井温子です!

 

私は今、山中湖で起業家合宿に
参加しています。


今朝はこんなに綺麗な富士山で
スタートでした!

24870.jpg

明日で1週間終わり!

溜まっている
はぁ〜つかれたぁ! 

は箱に入れて爆破して
くださいね!

43007609_1806352796109552_3202507635156844544_n.jpg

 

昨日のメルマガでは、
お母さんに大切なのは

見守る力

なんです、

 

というお話をしましたが、

この「見守る」

というのは
意外と難しいというお声は
よく聞きます。

 

宿題をやらないのが気になって
ついきつく言ってしまう、

とか、

身支度に時間がかかるのが
気になって、つい口や手を
出してしまう、

 

というのは、

体験会でもよく伺うお話です。

 

感情的に、きつく言っても
伝わらないし逆効果・・・・

 

東大に行っている子の家庭では

親は「勉強しなさい」と

言わないらしい・・・

 

など、頭ではわかっているのに

ついそうなってしまうのは
なぜか。

 

 

理由は、

 

お母さん側に
勉強ができないと困る

 

これが早くできれば楽だった

 

勉強できればもっと
人に認められたかも

 

 

などの思いがあるからで、
それゆえに
必死になってしまうんです。

 

 

 

最初は、子どものペースに合わせて
見てあげるつもりでいても、

そういう思いがあると

 

どうしてわからないの?

 

ひとつやるのに何分かかるの?

 

など、お母さんの方に
焦りや苛立ちが出てきます。

 

 

そうなると

子どもは敏感ですから
落ち着かなくなり、

 

最後は感情のぶつけ合いになって、

鉛筆が飛んだり、

消しゴムが飛んだり、

泣き声や罵声が飛んだり・・・・。

 

24850.jpg

 

これでは、
お母さんとの時間が
苦痛でしかなくなってしまいます。

 

なぜ子どもに寄り添おうと
思っているのに感情的になってしまうのか
というと

 

私たちの行動の90%以上は
自分で意識できない潜在意識に
大きく左右されているからなんです。

 

 

 

本を読んだりして、
子どもに寄り添う方法を学んで
それを実践しよう!と思っているのは

顕在意識という自分で意識できる意識。

 

 

一方、
お母さんが、過去にこれで苦労した、

これができないと困る、

と経験から学んだことは

潜在意識という、

意識できない無意識部分に
ある思いです。

 

 

この2つの意識、
量だけ見ても潜在意識が90%以上
占めていて圧倒的なのですが、

 

なんと反応のスピードも、
潜在意識の方が決定的に早いんです!

 

 

行動に出るのが早いのが
潜在意識なので、

 

頭に「こうしよう」と思っている
ことがあっても、

 

焦ったり疲れたりしているときに

気がついたら感情的に起こっていた!

 

ということが起きてしまいます。

 

これはどんなに気をつけていても、
止めることができません。

 

 

 

子育てでこのような経験が
なくても、

 

 

今日は甘いもの食べない!
と思っていたののに、
疲れた~と思ったときに

気づいたらカフェで甘いのを
頼んでいた・・・

 

なんていうのも
潜在意識からの行動が
止められなかった現象です。

 

 

子どもができるように
子どもに良かれと思って
やっていることでも、

返って子どもに

勉強=辛い、怒られる

とか

自分でやろうとする
=お母さんに怒られる

 

という思い込みを作っていたら

悲しすぎますよね。

 

 

これを避けるためには

お母さんの潜在意識の思い込みから

手放すことがベストです。

 

実は、私も

子どもの宿題が気になって
一生懸命にやらせていた時期が

ありました。

 

宿題だけではく、
すべてのことに
口を出していました。

 

子どもの顔を見れば、
まず宿題やったの?

から始まり、

自主勉はやったの?

明日の準備は?

歯磨きは?

時間割は?

 

などなど
「やったの?」というチェック
ばっかり!!

 

これは子どもは

たまらなかったと思います。

 

そのうちに私の声に対する
反応はいつも不機嫌になり、

 

学校はどうだった?

学童では何したの?

 

と聞いても

「別に」

「忘れた」

という、つれない返事ばかり。

 

いわゆる普通のキャッチボールが
成り立たなくなり、 
長男との会話には、非常に
悩んだ時期もありました。

 

そんな私も、
シンプルパフォーマンス・セラピーで
潜在意識の思い込みから捨てていったら

 

長男が「できている」ところが
見えるようになり、
何事にも本人のタイミングが
あることが
わかるようになりました。

 

私からの「やったの?」は減り、
自らやることが増え、さらに
会話もどんどん増えました。

 

息子に任せておくと、
あ~もう今日はめんどくさい!と
嫌がる日もありますが、

できている日があるから
そういう時だけちょっと手助けを
してあげるだけで良くなりました。

 

 

そして、私は

「やったのやったの地獄」を

やめることができました^^ 

 

 

頭ではこうした方が良いと
わかっているのに、

 

つい感情的になってしまう
不安になってしまう

 

そんな、思考の癖は
潜在意識の思い込みを取ることで
変えていくことができます。

 

シンプルパフォーマンス・
セラピーのセッションでは

思い込みのチェックシート
を使用して
客観的に思考の癖をチェックして

 

頭で理解できる部分の
アドバイスと、

 

頭でわかっていても
行動できない
潜在意識レベルでの思い込みを
シンプルパフォーマンス・
セラピーで取り除いていきます。

 

ピンときた方は
セッションでお待ちしていますね!

 

 

そして
ネガティブな思い込みは

私と一緒にポイッと
捨てましょう^^

 

 

この秋を穏やかに過ごし
年末を迎える12月には

むやみやたらに怒らない
お母さんになりたい方は

 

体験会でお話をお伺いしますね!

 

 

子どもを怒鳴ってしまうお母さんが
怒らないお母さんになれる方法を
お伝えする無料ZOOMセッション

10月最終募集!

 

体験会画像5.jpg

▼お申し込みはこちら

http://waratteirareru.com/campaign1809/

 

 

余裕がないとつい
 子どもに怒鳴ってしまうのを
 やめたい!

 

✅ 周りの感情に振り回されず
 いつもどっしりしていたい!

 

✅ 毎日子どもを怒ってしまう
 生活をやめて笑っていたい

 

✅ 家族との関係が
 もっとになりたい!

 

✅ 子どもが「大好きだよ」と
  言ってくれるお母さんでいたい!

 

 

そんなお母さんを
心から応援しています!

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

笑顔の毎日に
なりますように!

 

 

_____________________


私が以前どんな子育てをしていたのか
どう変われたのか、
こちらの電子書籍で解説中!

 

潜在意識のことも書いているので
ぜひダウンロードして
お読みになってくださいね!

 

ダウンロードはお済みですか?

 

子どもを
怒鳴ってしまうお母さんが

今日から怒鳴らない
お母さんになる!

3分間の新習慣!

子どもを怒鳴ってしまうお母さんが今日から怒鳴らなくなる表紙画像.jpg

 

まだの方は
こちらからダウンロードできます!

 

http://waratteirareru.com/download1809/

 


コメントを残す