子どもの成長をサポートするために、お母さんに必要なのは◯◯◯力!

子どもは自分で学んで覚えるもの!
お母さんがするべきことは・・・

 

こんばんは!永井温子です!

 

 

今日から私は、
起業家の合宿に参加して
富士山が最高に綺麗に見える
山中湖近くのホテルに泊まっています。

 

ここに来るため、

朝は7時10分に家を出ました。

 

最近朝が寒くなり、
子どもたちの動きもスロ~で
7時45分頃に学校まで送っていくことが
多くなっていたのですが、

 

今朝は

「早起きしちゃった~」と
ご機嫌の子どもたち。

 

とてもスムーズな朝でした。

 

 

でも、朝って、
笑顔になれないことも多いですよね。

 

 

早く起きてほしい日に限って
グズグズしたり、

提出物があったり、

 

ノートがない・・・

 

などの事件が起きたり。

 

なんで前の日に見ておかないの~?
遅れるよ? 早くしてよ~~!!

 

なんて言っちゃうことも。

 

 

こんなときは、
お母さんの気持ちは焦るし、
イライラする気持ちは膨らむ一方だし、
みんなを送り出して

自分も職場に着いた途端

 

はぁ~疲れたぁ!

 

と朝から大きなため息が出る
お母さんも多いですよね。

 

(私もかつて、そうでした)

 

 

お子さんも
「もうダメねぇ!」「早く早く!」

を体いっぱいに浴びているので

「行ってらっしゃい」の頃には

もう気持ちはしぼんでいて

 

プンスカ、どうせ僕なんか、

私なんか・・・と

怒りと悲しみを胸に

学校に行くことになるわけです。

 

 

お母さんは、ぐったり。

お子さんは、しょんぼり。

 

この習慣は疲れますよね^^;

 

 

お母さんだって本当は
元気に「行ってきま~す!!」

と笑顔で家をでる子どもの姿を

見たいですよね!

 

24849.jpg

 

私たちお母さんは、つい
子どものできていないことに
目が向いてしまい、
口や手を出してしまうんですが、

 

それは、
子どもの自主性や自分でやって
達成するという喜びを
奪ってしまうことにもなります。

 

 

私たちが注目するべきは

できていない「今」ではなく、

できるようになる「未来」です。

 

 

子どもたちはさまざまな体験を
通して、いろいろなことを
学んでいきます。

 

 

どうしたら間に合うか。

 

どうしたら困らないか。

 

どうしたらもっと楽しいか。

 

 

このようなことを学ぶ過程では
失敗してもいいのです。

 

 

朝、起きるのが遅くなると
食後のフルーツ食べられないんだ・・・

 

支度をもたもたしていると
お友達と一緒には学校にいけないんだ・・・

 

 

こういう経験をすると、

「どうしたら朝ちゃんと起きられるかな?」

と自ら考えるようになります。

 

 

我が子の例を言うと、

小4長男は、自分で寝る時間を
早くしましたし、

(その時間になると、同じ部屋で他の人が
 何かをしていても容赦なく電気を消します。)

 

小1次男は、眠る前に
「6時に起きる!6時に起きる!6時に起きる!」

と自分の体に3回、言い聞かせています。

 

 

早く起きて、
ご飯を美味しく食べたい、

 

時間に支度を終えて、
友達と学校に行きたい

 

と言うリアルなイメージが
自分でできる力につながるのです。

 

 

でも、失敗を味わうべきときに
お母さんが口で責めたり、
遅いから貸しなさい!と手も出てしまうと

 

子どもたちは
怒られないために早く起きよう
と思いがちです。

 

 

でも「怒られない自分」をイメージ
しようとすると、

実際には「怒られている自分」を
頭の中でイメージしてしまいますし、

 

早く起きると言う具体的な
イメージがないので、

なかなか自分でできるように
ならないんです^^;

 

 

ですから、お母さんに必要なのは

見守る力

なんですね!

 

それがわかっても、
口も出ちゃう、手が出ちゃうと言うのは

実はお母さん自身に
失敗が怖い
と言う気持ちがあるから。

 

 

「怖い」「不安」は

潜在意識は少しでも早く
解消したいので、

 

口が出たり、手が出たりするんです。

 

 

 

こんな時は
シンプルパフォーマンス・
セラピーで

 

 

お母さん自身の中にある

「失敗したくない」「失敗したら不安」

という思いを取り除くことで、

 

 

子どもの行動を見守れ流ようになったり、

ブレない軸で声かけが
できるようになったり、

 

 

失敗しながらも
自分でできるようになって行く

子どもの成長を
感じられるようになります。

 

 

ですから、

「失敗は怖い」「失敗したくない」

というお母さん自身の気持ちがあったら、

 

それを箱に入れて爆破してくださいね!

 

43007609_1806352796109552_3202507635156844544_n.jpg

 

お母さんとしても
妻としても、女性としても
社会人としても

 

何か自分の思い描く通りに
ならない時は、

 

その行動を妨げている

思い込みがあります。

 

 

個別の体験会では
チェックシートを使った
思い込みのチェックもしていきますよ!

そして
ネガティブな思い込みは

私と一緒にポイッと
捨てましょう^^

 

 

この秋を穏やかに過ごし
年末を迎える12月には

むやみやたらに怒らない
お母さんになりたい方は

 

体験会でお話をお伺いしますね!

 

 

子どもを怒鳴ってしまうお母さんが
怒らないお母さんになれる方法を
お伝えする無料ZOOMセッション

10月最終募集!

 

体験会画像5.jpg

▼お申し込みはこちら

http://waratteirareru.com/campaign1809/

 

 

余裕がないとつい
 子どもに怒鳴ってしまうのを
 やめたい!

 

✅ 周りの感情に振り回されず
 いつもどっしりしていたい!

 

✅ 毎日子どもを怒ってしまう
 生活をやめて笑っていたい

 

✅ 家族との関係が
 もっとになりたい!

 

✅ 子どもが「大好きだよ」と
  言ってくれるお母さんでいたい!

 

 

そんなお母さんを
心から応援しています!

 

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました!

 

笑顔の毎日に
なりますように!

 

 

_____________________


私が以前どんな子育てをしていたのか
どう変われたのか、
こちらの電子書籍で解説中!

 

潜在意識のことも書いているので
ぜひダウンロードして
お読みになってくださいね!

 

ダウンロードはお済みですか?

 

子どもを
怒鳴ってしまうお母さんが

今日から怒鳴らない
お母さんになる!

3分間の新習慣!

子どもを怒鳴ってしまうお母さんが今日から怒鳴らなくなる表紙画像.jpg

 

まだの方は
こちらからダウンロードできます!

 

http://waratteirareru.com/download1809/

 


コメントを残す