意識的に怒るのをやめるのは無理。でも無意識から「怒る」を外せたら。

こんばんは。
永井温子です。

 

歯磨きをきっかけに

毎晩のように
怒鳴り合いのケンカにまで
なるのを繰り返していた
私ですが、

 

シンプルパフォーマンス・
セラピーに出会ってからは、

 

自分自身から

「怒る」

というパターンを
外していくことができました。

 

 

怒らないようにしよう

と躍起になっていた時には

しばらくは我慢できても、

また繰り返してしまい、

怒るのをやめることが
できませんでしたが、

 

潜在意識から
変えるアプローチで、

やっと
変わることができたのです。

 

 

ではなぜ、
潜在意識なのでしょうか。

 

AdobeStock_99319653.jpeg

 

それは、潜在意識に

過去に感じた嫌な思いや
トラウマとなった出来事が
すべて記録されている
からです。

 

 

「歯磨きをしない」

とイライラするときは、

 

私の過去の、
歯磨きにまつわる
苦い経験が関係しています。

 

 

その一つは、
夏休みの宿題だった

「はみがきカレンダー」

 

3回磨いた日は赤、

2回磨いた日は青、

1回以下のときは黒で

塗って、新学期に学校に
持っていくというものでした。

 

 

私はお昼には歯磨きをする
習慣がありませんでしたし、

朝か、夜かに
忘れることもあったので、

正直に
全部をと黒
塗って学校に持っていきました。

ところが、他の人は
みんな真っに塗って
提出していたので

 

クラスメイトからそれを
ひどくからかわれたのです。

 

 

 

他にも、
高校3年生になって
はじめて虫歯が見つかった
ときのショックや、

 

歯の色をからかわれたり
したこともありました。

 

こういった経験から

 

子どもには同じ思いを
してほしくない!

という思いが強くあります。

 

 

つまり、子どもをひどく
怒ってしまっていたのは

子どもの行動そのものが原因で
腹が立っていたというより、

 

私の中にある
思い込みのせいだったのです。

 

自分が辛い思いをした
過去に重なることや、

こうでなければならない、

と思い込んでいることに
子どもが当てはまらないときに

イライラする感情が湧いてきます。

 

ですから、

イライラを止めたい、

感情をコントロールしたい

と思ったら

 

その心の反応を起こしている
潜在意識にあるものに
アプローチすれば

また同じことの
繰り返しになることなく

根本解決することが
できるのです。

 

 

 

あなたは、
どんな場面のときに
イライラする感情が
とめられなくなりますか?

 

その心の反応の裏には、
必ず何か、過去からの
思い込みが隠れています。

 

イライラする感情が湧いたら、

何がひっかかっているんだろう?

 

と考えるチャンスにしてみて
くださいね。

 

 

 

電子書籍

『子どもを
怒鳴ってしまう
お母さんが
今日から
怒らないお母さん
になる!』

子どもを怒鳴ってしまうお母さんが今日から怒鳴らなくなる表紙画像.jpg

はもうお読み
いただけましたか?

 

まだの方は
こちらからダウンロードして
くださいね!

 

▼▼▼

電子書籍をダウンロードする

 

 

 

 

1日3分!一つ行動するだけで
辛い気持ちが幸せに変わる!

シンプルパフォーマンス・セラピー
ナビゲーター
永井温子


コメントを残す