同じことの繰り返しが辛い…自分が悪いと責める日々でした。

こんにちは、永井温子です。

 

先日、小1次男の
親子学習会があり、

一緒に
歯磨き指導の授業を
受けてきました。

 

長男が1年生のときにも
あったので、

3年ぶり、

2回目の参加でした。

 

 

長男のときは、

毎夜の歯磨きタイムが苦痛な日々を
過ごしていて、

 

歯磨きをきっかけに

怒鳴り合いのケンカにまで
発展してしまう…

ということを繰り返していました。

 

 

歯磨き指導では、

まず、

「朝、歯を磨いてきた人~!」

と聞かれます。

 

 

長男は当然のごとく
手をあげません。

 

平然としている息子をみて

 

「なんで平気なんだろう?」

 

「恥ずかしくないの?」

 

と感じていました。

 

 

また、
汚れが目に見えるようになる薬を
つけると

案の定・・・。

 

 

「歯磨きしないから
そうなるんだよ。

だからいつも言ってるじゃん。

すっごい汚れてる。

ちゃんとしなきゃ
いつまでもこの口だよ。」

 

と、息子を批判して
いました。

 

 

それでも
息子の歯磨きをしよう!という
気持ちは長続きせず、

 

「歯磨きの時間だよ」

 

という声掛けには

 

無視か、拒否か
でした。

 

 

この状態を抜け出したくて、

 

とにかく笑顔で
声をかけることを
意識したり、

 

穏やかな声を保つぞ!
と心に決めたり、

 

はみがきシールを用意
したりして

 

工夫をしましたが、

 

結局やらず、

 

 

逆に

「こんなに優しくいっても
ダメなの?」

とさらにキレていました。

 

逆上した怒りは
収まらず、

 

いけないこととわかっては
いても、

 

人格を否定するような
言葉まで発してしまっていました。

 

 

長男は、
不機嫌でいることが
多くなり、

弟への暴力も激しくなり、

普段の会話から

彼の素直な返事が
消えました。

 

 

その頃、人に

「コミュニケーション能力が低い」

と言われたことも重なって、

 

 

私がいけないんだ…と
自分を責めながらも、

息子も同じことを繰り返し、

私も同じことを繰り返して
いました。

 

 

 

そんなときに
シンプルパフォーマンス・
セラピーに出会い、

 

努力してもダメだった

「怒らない歯磨きタイム」を

実現することができ、

それがあたり前になりました。

 

 

歯磨きタイムだけでなく、

朝の時間も、

お迎えの時間も、

車の中でも

夕飯時間も、

 

すべての時間が
どんどん穏やかになっていき、

 

息子の

「うん、わかった。」

という普通の返事も
聞けるようになりました。

 

 

今は、以前の私と
同じように悩んで
辛い思いをしているお母さんに

怒鳴り続ける日々は
終わらせることができる!

と伝え、そのスキルを広めています。

 

 

このスキルに出会わなかったら
あと何年怒鳴り続けていたか
分かりません。

 

今、息子の素直な返事を
聞くたびに、感動があり、

 

変われてよかった…

 

と心底思う日々です。

 

 

次のメールでは
歯磨き地獄がなぜ
起こってしまっていたのか

それをお話していきますね!

 

 

ちなみに、
次男の歯磨き指導では

 

「どこが磨けていないか
よくわかるね^^」

 

「わぁ、どんどん
綺麗になるね~!」

 

と楽しい時間を
過ごすことができましたよ!

 

hamigaki.jpg

 

 

電子書籍

『子どもを
怒鳴ってしまう
お母さんが
今日から
怒らないお母さん
になる!』

子どもを怒鳴ってしまうお母さんが今日から怒鳴らなくなる表紙画像.jpg

はもうお読み
いただけましたか?

 

まだの方は
こちらからダウンロードして
くださいね!

 

▼▼▼

電子書籍をダウンロードする

 

 

 

 

1日3分!一つ行動するだけで
辛い気持ちが幸せに変わる!

シンプルパフォーマンス・セラピー
ナビゲーター
永井温子


コメントを残す