子どもを怒鳴ってしまうお母さんの対照的な悩み

こんにちは!

永井温子です。

先日、メッセンジャーで

子どもを怒鳴りたくない
のに怒鳴ってしまう…

怒らないお母さんに
なれる方法を知りたいです。

とご連絡をいただきました。

 

セラピーに興味をもって
ご連絡くださる方は、

過去の私と同じように、
子どもへのイライラが止められず、
怒鳴るのをやめたいのにやめられない

という方が多いです。

 

お話を聞くと、
怒鳴りたくない…というお悩みは
同じなのですが、
状況が対照的なことがあります。

 

それは、

子どもが
甘えてくることに悩む
お母さんと、

子どもが
甘えてこないことに悩む
お母さんがいる

ということ。

 

子どもが甘えてくることに
悩むお母さんは、

子どもの甘えを許せずに
イライラして

これくらい自分で
できるでしょう

と突き放してしまう。

 

子どもが甘えてこないことに
悩むお母さんは、

厳しくしたせいで
子どもがおびえるように
なった
。」

と、悲しみを目にためています。

 

どちらのお母さんも、
子どもが大好きで大切に
思っているのに

子どもを傷つけてしまっている
ことに気づいていて

今のままではいけない、
変わりたい、
でもどうしたら変われるのか…

と悩んでいます。

 

このお悩み、
根源は今に始まったことでは
ありません

お母さんの、
やめたいのにやめられない
という行動のもとは、

多くはご自身の幼少期の体験が
影響しています。

 

自分が甘えせてもらえなかったお母さんは

甘えると叱られる

という幼少期の思い込みから
ご自身のお子さんの甘えを
許すことができません。

 

また、子どもに厳しくしすぎて
お子さんがおびえている…と
いうお母さんは

これをやったら怒られる

という幼少期のすり込みがあることと、
同じことをお子さんがすると、
叱られた恐怖が無意識によみがえり、
それを防ぐために
お子さんを叱ってしまっています。

叱る動機が恐れなので、
つい言い方もきつくなり、
お子さんが委縮してしまうのです。

 

シンプルパフォーマンスセラピーでは、
思い込みの爆破
というスキルを使って
幼少期からある
不要な思い込みを
取っていくことができます。

 

不要な思い込み
過去のトラウマ
これからも持ち続けていくのか

それとも今手放して
ご自身が本当に望むような
コミュニケーションを
お子さんと取れるようになるか、

今の子育てに悩むお母さんには
ぜひ一度考えてみていただきたいです。

 

シンプルパフォーマンス・セラピーは、
はじめれば1ヶ月で変われます。

長年悩んでいたことも、
これがあればもう大丈夫
と思えるようになれますよ。

 

 

1日3分!一つ行動するだけで
辛い気持ちが幸せに変わる!
シンプルパフォーマンス・セラピー
ナビゲーター
永井温子

 


コメントを残す