お母さんがシンプルになると、子どもとの関係もシンプルに!

おはようございます!
永井です。

昨日は、うちの9歳の息子
無邪気な行動に感激してしまいました^^

 

夜、おばあちゃんの家で食事をし
子どもたちが落ち着いている間に
1人で買い物に出かけました。

 

戻ってくると、
玄関を開けたとたん、

お母さん、見てみてー!

という言葉が飛び込んできました。

 

「なぁに?」
と顔をだすと

 

「ほら、見て!」
と息子が手を伸ばしてきました。

 

息子の手にあるものを見ると

ジュースの紙パックに
「Aloha! たたんでくれてありがとう」の文字。

(飲み終わったパックをつぶしたら
ありがとうの隠しメッセージが出てきたんだ・・・)

 

「もしかして、うれしかったから
お母さんに見せようって待ってたの?
一番に見せようと思って?」

 

と聞いたら、うん、とうなずき、

「すごいでしょ!
ぼくが見つけたんだよ!」
と、にやり。

私は、この表情を見て
なんだ〜!この可愛さ!!
とうれしくなりました!

 

今でこそ、こうして
朗らかな日常のワンシーンがありますが、
かつては一番対応に困っていたので

こういう何気ないやりとりが
私には感激になります。

 

複数のお子さんをお持ちの
お母さんからは

下の子は気にならないんだけど
上の子のすることにはつい
口を出してしまって
いつもケンカになってしまう…
とか

上の子はいいのだけれど
下の子のマイペースさに
うんざりしてしまう…

など、

誰か一人に手を焼いている
というご相談を受けることもあります。

 

実は育てにくいな…と感じる部分は
お母さん自身が過去に
「直しなさい」と
注意されていた
ことだったり、

他の兄弟や同級生と
比較されていたこと
重なっていることが
多くあります。

子どもの頃の自分に
似ているからこそ

このままじゃ生きにくいから
直してあげなくちゃ…と
お母さんが一生懸命になりますが、

「今」が一番大事な
お子さんにはその声は届かず、
行動は変わらない、
ということが起こります。

 

小学校に入っても
ありがとうやごめんなさいが言えなかったり
歯磨きやお風呂を嫌がったり、
忘れ物が続いたり、

ちょっとの失敗で落ち込んで
漢字や計算ミスをしただけで
もうすべてを放り出してしまう。

 

そんな子どもを見て

 

どうして言えないの?

 

どうしてちゃんと
準備してチェックしないの?

 

さっとやり直せばいいだけなのに
なぜいちいち落ち込むの?

 

こんなことをよく言っていました。

 

息子は、その度に拗ねて
黙ってしまったり、
暴れたりしていました。

 

私は、このままではこの子が困る!
という正義感で

本人が
「わかった。これからは気を付ける」
と言うまで、何とか
わからせようと、
しつこく言い、

言えば言うほど
「放っておいてよ!」と拒絶されました。

 

899f67ed36eb08728825b73236e230e7_s.jpg

それでもなお言い続けてしまうのは、

実は過去に、自分が同じことで
困った経験をしていたり、
嫌な思いをしたときの感情
潜在意識に残っているから
なんです。

 

ありがとうやごめんなさいが言えず、
きつく叱られたこと

忘れ物をして学校で恥ずかしかったこと、

歯磨きやお風呂を面倒くさがって
友達に笑われたこと

忘れ物をして絶望したこと

宿題が終わらなくて叱られたこと

 

すっかり忘れているようなことでも
潜在意識に残っている辛い記憶が
またそうなりたくない
という不安な気持ちを起こさせ、

この子が困らないように
できるように
させてあげなきゃ・・・!

という行動を取ってしまう。

それが、子どもにとっては
お節介となってしまうんです。

 

私は、シンプルパフォーマンス
セラピーを始めて
自分の思考の癖に気づいたり
忘れていた子どもの頃の記憶が戻り

 

子どもの気持ちが
よくわかるように
なりました。

 

それとともに
一番対応に困っていた長男が
側に来て話をするようになったり、
話しかけたときに素直に
返事をするようになりました。

いったいこの先どうなることか…
と不安に思っていた時と今では、
今とでは彼の表情も変わり、
冗談などを言って
笑うようにもなりました。

 

秋には10歳という節目を向かえる時期に
うれしいものをうれしいと表現し、

うれしかったことを
お母さんに伝えたい!という気持ちを
持ってくれている息子が

私は心から愛しいです。

 

そして、
子どもとたわいもない
会話ができる

ようになれたことを
本当に良かった!と感じています。

 

子どもは、どんどん大きくなり
考えていることも複雑になっていきます。

辛い体験、嫌な体験も
これから増えていくかもしれません。

そんなときに、

お母さんは自分を拒絶しない、
わかってくれる、
という安心感がある子どもは
強いですよね。

だからこそ、私は
今育児がうまくいっていなくて
子どもとの関係を不安に思っている
お母さんに、

無意識下にある
過去の経験から作り出された
ネガティブな感情を取り除く方法を
お伝えし、

自分の古い感情で
お子さんをジャッジすることなく

目の前のお子さんのありのままを
受け止められるお母さんに
なってほしいと思っています。

そのために、
お母さんに向けて講座を開いています。

 

子育てのしづらさは、
まずは自分の思い込みを
チェックすることで
解決が近づいてきますよ。

 

シンプルパフォーマンス・セラピーの
養成講座でお伝えしているスキルは
一生のスキルになりますので
子育てでもお仕事でも
たくさん役立てていただけます!

これから迎える夏休みは、
過ごし方次第で子どもたちが
飛躍できる時間!
たくさんの宿題を前に
お母さんが「不安」や「苦手」を手放して
二度とこないこの夏を
笑顔で過ごしませんか。
今まで怒っていたことを
笑っちゃえるお母さんになりたいと
いう方を心から応援します。
1日3分!一つ行動するだけで
辛い気持ちが幸せに変わる!
シンプルパフォーマンス・セラピー
ナビゲーター
永井温子

コメントを残す