子どもは親の行動パターンをコピーします。怒り以外の解決方法を学んでほしいですよね。

こんにちは!
永井温子です。

先日、長男との会話で
驚くことがありました。

私が、長男に
「お風呂洗ってくれない?」と
聞くと、

長男はすかさず弟に

「おい、お前、風呂洗え。」
と命令しました。

それに対し、弟は

「え、やだ。」と言いました。

 

このとき、私は
体がこわばるのを
感じました。

長男が怒鳴ると
思ったから
です。

いつものパターンなら、

「やだじゃねーよ。
やれよ、どうせ遊んでんだろ。」

そんな罵声が飛ぶのが
日常茶飯事だったので、
反射的にそれがくると思って
身構えたのです。

 

しかし、
長男は怒鳴りませんでした

 

代わりに、

「・・・。そっか。」

たったそれだけでした。

 

私は正直拍子抜けしました。
そして、驚いて、

 

「なんか、〇〇(長男の名前)、
変わったね。前はこういうとき、
怒ってなかった?」

 

と聞くと

「え?そう? でもお母さんも
こんな感じじゃん。」

といったのです。

 

…お母さんもこんな感じ…

 

耳を疑いました。

 

私は、この出来事があった
ほんの数か月前まで
自分が子どもに怒ることを
辞められなくて悩んでいました。

 

お手伝いを頼んで拒否されたら

「お母さんだって忙しいの。
あれもこれもで大変なんだから
やってくれたっていいでしょ!」

と怒っていました。

そして、
それでも「やだ!」と言われたら

なんでいつも
お母さんばっかり

とか

「どうせ遊んでるくせに。
お母さんなんか、
遊びたくたって遊べない。

おもちゃで遊びたいからって
お手伝いしないなんて
信じられない

そんなおもちゃいらない!」

不平不満・批判
重ねていました。

 

それが、
シンプルパフォーマンス・セラピーを
するようになってからは、

怒りの感情が長続きしなくなりましたし、

反射的に怒る、ということも
劇的に減りました。

前はよく、怒りすぎては
落ち込んでいましたが
それもなくなりました。

 

お手伝いを断られても、確かに
一旦「そっか。」で済ませられる
ようになり、

そして、別のタイミングで頼んだり、

一緒にやろうと誘ったりと

別のアプローチもできるように
なりました。

 

「わたしばっかりしている」という
思い込みもなくなったので、

「今日はお母さんがしてもいいか」
と動くことも苦ではなくなって
きました。

 

でもそれが、
まさか息子にまで伝染して
いるとは思っていませんでした。

 

私が小言を言っていたから、
長男は

人が言う通りにしないときには
怒鳴ったり、しつこく言えばいい
と学んでしまい、

私の習慣をすっかりコピー
してしまっていたんですね。

 

それが、今、
新たな習慣の上書き
できてきていることが
わかりました。

これには、驚いた以上に
うれしくなりました。

 

イライラガミガミ怒っていて、
自己嫌悪になっていたときは、
息子たちの心に
取り返しのつかない
負の影響を与えてしまった、
と悩んでいましたが、

シンプルパフォーマンス・セラピー
に出会えて、
怒りやイライラの原因となる思い込みを
手放せるようになってから、

私の行動パターンは変わりました。

それによって、息子の
行動パターンも変わってきました。

シンプルパフォーマンス・セラピーは
一生の財産です。

 

もし今、お子さんに毎日
怒ってしまうとお悩みでしたら

ぜひシンプルパフォーマンス・
セラピーを習得して、
怒り以外のコミュニケーションを
お子さんに見せられるように
なっていただきたいと
思います。

 

 

1日3分!一つ行動するだけで
辛い気持ちが幸せに変わる!
シンプルパフォーマンス・セラピー
ナビゲーター
永井温子


コメントを残す